旦那の小遣いの相場!いくらが妥当?満足してもらう方法は?


旦那さんのお小遣いって、いくら渡してる??

主婦が集まると、世の旦那さん方には
聞かせられないブラックな話題が飛び交うものです。

Friends
photo credit: Friends via photopin (license)

ただ、この話題って、

旦那さんの給料が、うちと同じぐらい?

って匂いのする主婦としかできない話題なんですよね(・∀・i)

 
けっこう、そういう匂いって、
女性なら敏感に感じますよね。

 
まぁ、うちも大したことがないので、
同じような大したことのない主婦友達と、
普段からざっくばらんに話しているんです。

(サラッと失礼なっ!∑(゚Д゚))
 

ところが、

結婚して、神戸に住むことになった従姉妹は、
近くのママ友と話をしていても、
なんか違う匂いがして、そういった話はできないんだそうです。

 

そんな、従姉妹も気になってるけど、
誰にも話せないでいる、

旦那さんのお小遣いの相場について、

今夜は熱く語っていきましょう!

 
どうぞ、熱々のコーヒーを飲みながら、
ゆっくりとご覧ください。

で、では、あちっ、ど、どうぞ!

スポンサーリンク

旦那さんのお小遣いの相場はいくら?

まず、各家庭の収入という山の中から、
お小遣いを掘り出さないといけませんよね!

 
平成25年度の平均年収を、具体的に、
厚生労働省の発表で見ていきましょう。

20代 323.7万円
30代 545.1万円
40代 648.9万円
50代 720.4万円
60代 526.2万円
70代 406.3万円

となっています。
 

あ、これを見てもがっかりしないでくださいね!

あくまでも平均値なので、ごく一部の人たちが
グイグイと引っ張っていってるだけなので。

 

さらに、子供がいる世帯の生活感覚としては、

く、苦しい(>人<;) 65.9%
まぁ、普通かな 30.7%
生活?全然、余裕です(・∀・) 3.4%

といった感じで、生活が苦しいと感じている
家庭が半数以上もいるんです!

 

我が家を含めて、「苦しい」から
「普通」の生活レベルの人たちが、

旦那さんに渡す、一般的なお小遣いの目安は、、、

手取りの1割!!

 

具体的に言うと、手取りが20万円なら、2万円。

それに、お昼ご飯を持っていかない場合、
プラス1万円を見ているようですね。

 

うちの場合は、手取りが30万円台。
喫煙者でスナック菓子が大好き!

そんな旦那のお小遣いは2万5千円。

ただ、「ちょうだい」「足りなくなった」と
言われたときには、追加で渡しているので、
結局、プラス1万円ぐらいになってます(・∀・i)

 
だいたい、私の周りの友達も、
旦那さんのお小遣いは3万円が多いです。

給与明細とかは知りませんが、
だいたい1割ぐらいだろうと思います。

 

あまり、余裕のあるお小遣いではないですよね。
 

でも、旦那さんが、
文句を言わずに満足してもらう方法があるんです!

この方法で、少しでも気持ち良く、
お小遣いを受け取ってもらいましょう!

スポンサーリンク


旦那さんがお小遣いに満足する方法!

私もお金がまわるようになる本を、
何冊も読んだりしたんですが、

共通するのは、お金に対して不満を言わないことなんです。

 

夫婦で考えてみるとしましょう。
旦那さんが、あなたに対して、

「今月もあんなに働いて、お前だけか(・д・)」

とか

「もっと、女がいればいいのになぁー!( ˘・з・)」

なーんて言われたら、いい気はしないですよね。
なので、

「いつも働いてくれて、ありがとう。

 毎月やりくりできるのは、あなたのおかげだよ。
 これからも一緒に頑張ろうね。」

 

なんて言ってあげると、

「あんだけ働いてきて、これしかないの?おかしくない?」

なんておっしゃっていた、私の主人も、
見えない満足感(プライスレス( •̀ .̫ •́ )✧)
も感じてくれるようになりました。

(ついでに、私も満足感を感じるように!)
 

さらに、お金も喜ぶので一石二鳥!

 

次に、関係ないかもしれませんが、
余裕のある家庭の、お小遣い事情を、
話していきますね。

(またサラッと失礼なっ!)

Denver, Newly Weds
photo credit: Denver, Newly Weds via photopin (license)

よゆうのある家庭のお小遣い

  • 奥さんも正社員で、旦那さんと同じぐらい給料をもらっている
  • 旦那さんが高給取りで、特に生活に不自由することがない

という家庭もありますよね。

加えて、旦那さんの金銭感覚もしっかりしている。

 

そんな、うらやましい夫婦の場合、
お財布が別な方が、お互いに気が楽なんだそうです。

家賃や車、光熱費、保険とか言った費用を
払ってもらって生活費は奥さん持ち。(働いていれば)
 

あとは、貯金したり好きなことに使う、
というスタイル。

そのために働いているって人も多いですもんね。

 

平均的な我が家の場合は、もともと、
その残りが少ないですし、ほっといたら、

  • 工具(前買ったのと何が違うの?)
  • チャンピオンズリーグのサッカーボール(前大会のボールと何が違うの?)
  • 釣り具の餌木(あんまり釣ってこないのに)

なんて、何に使うのかわからないし、
使わないものがドンドン増えそうですから、無理ですね(・∀・i)
 

でも、我慢ばかりだとストレスもたまるので
たまにキャンプに行ったり、旅行に行ったり、
家族の楽しみを作ってます。

 

同じ家庭環境の家庭は、どこにもないので、
お小遣い事情も、それぞれだと思いますが、

お金に感謝をすることは、忘れないでほしいな

と思います。

 
その延長で、頑張ってくれている旦那さんにも感謝を!
(ついでかいっ!Σヽ(゚∀゚;))



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫