赤ちゃんを動物園へ!アレルギーへの免疫力がアップするって本当?


1歳までの赤ちゃんを動物園に連れてくると、免疫力がアップするんだって!

 
えぇーっ!!
なにそれーー!?

Lions & Lion Cubs
photo credit: Lions & Lion Cubs via photopin (license)

最近、赤ちゃんを産んだ従姉妹が、
そう言って、私と子供達を動物園に誘ってきたんです!
 

なんと、テレビでも、赤ちゃんを動物園に
連れて行くと、アレルギー予防になる!
と、何度も取り上げられているそうなんです。

 

「そんなん嘘だー!動物園の策略じゃないの!?」

なんて、従姉妹に言っちゃったんですが、
あなたも思っていませんか?

 

でも、

従姉妹の夢(?)を私が壊しちゃっても、いいんだろうか?
 

私がこの先、動物園に来たときに、
眼の前で、ライオンが鳴いたりしたら、
「これも、動物園の演出かっ!」
って、よこしまな気持ちで見てしまうんじゃないだろうか?

 
従姉妹が、「じゃあ行かない」と言って、
もし、アレルギーになってしまったら、、、

動物園に行くたびに、アホの坂田ダンスを、
ライオンの前で、踊らされるんじゃないだろうか?

(被害妄想が強すぎっΣヽ(゚∀゚;))
 

うーん・・・

 
というわけで、

赤ちゃんを動物園に連れて行ったら、
免疫力が高まって、アレルギーにならなくなるのか!?

と、本気の本気で、調べました!!

 

どうぞ、アホの坂田ダンスを、
ノリノリで練習しながら、ゆっくりとご覧ください(*´∀`)

(けっこう、やる気満々やーっ!Σ(゚∀゚;))

スポンサーリンク

なぜ動物園で免疫力があがるの?

これはですね、オーストリアの国際小児喘息、
アレルギー調査機関が行った調査の結果、

農家の子と、農家以外の子では、
アレルギーの割合が、だいぶ違ったんですね。

 
アレルギーの割合は、↓の通り。

【花粉症】 (農家の子)1 : 3(農家以外の子)
【喘 息】 (農家の子)1 : 4(農家以外の子)

 
ということで、もっと詳しく研究していくと、
農家の子だけじゃなくて、家畜を飼ってる子
同じように、免疫力が高かったんです。

 
さらに研究していくと、

 
家畜の糞に含まれる、大腸菌。

その大腸菌を覆ったりしている、膜の成分、
その名も、エンドトキシンって奴がいて、

そいつは、空気中に飛んでいるんですが、
それを、農家の子は普段から吸ってるため、
アレルギーになりにくいんだ!イエーイ!!

ってことが分かったんです!

 

でも実は、そのエンドトキシンは毒性があるんです。

 
大丈夫なの??

と思われるでしょうが、免疫力は、
毒に反応して、作り出されるので、
逆に、赤ちゃんの頃から、無菌状態で育つと、

全くの初心者で、練習さえしてないのに、
「みんなの前で、面白いダンスを踊って!」
と、急に無茶振りする、私の従姉妹と同じことなんです。

踊れるわけないってーの!

 
あくまでも空気中での話なので、
ウ◯チを触ったりするのは、ダメですよ!(>人<;)

 

ただ、誰でも免疫力が高くなって、
アレルギーにならないって訳でもない
んです(>人<;)

もっと、詳しく話していきますよ!

スポンサーリンク


それでもアレルギーになる!

動物園が、免疫力のカギになることは、
先ほどもお伝えしたとおり。

ですが、全体的になりにくいってだけで、
アレルギーになる子はなります!

 
残念ですが、その一因となるのは、

  • 親がアレルギー体質で遺伝した
  • すでにアレルギーを発症していた
  • インスタント食品やファストフードをよく食べる
  • 家が清潔すぎて菌がいない環境

という場合。

 
遺伝やアレルギーをすでに発症していた場合は
体質なので、仕方ないですが、

インスタントなど、腸内細菌が育たない食事、
家が清潔すぎて、免疫力が働きにくい、
なんてときも、アレルギーになりやすいので、

手作りの食事や、外遊びや泥んこ遊びなど、
普段の日常生活からも、気をつけたいところですね。

 

赤ちゃんの花粉症予防については、
こちらの記事も、参考にしてみてください(*´∀`)

こっちの記事も、清潔にしすぎないことが書かれてます。

→ 赤ちゃんの花粉症を予防するには?5つのポイントでバッチリ!!

 

私の娘の話になりますが、娘はアトピーと喘息を持っています。

主人の実家では、猫を飼っているし、
庭にも、野良猫がたくさんいるので、
エンドトキシンは、他の家よりは多い方だと思います。

娘が赤ちゃんの頃は、よく実家の方へも
行っていたんですが、私が軽いアレルギーを
持っているので、やっぱり遺伝でしょうね。
 

あ、娘は猫アレルギーも持ってるんだった(・∀・i)

 

また、2歳以上になると、腸内環境が整い、
免疫が完成するようです。

なので、2歳までに、エンドトキシンがある
環境に、1度と言わず、コマメに連れて行ったりするといいようです。

 
ちなみに、「エンドトキシンがある環境」なので、たとえ動物園じゃなくても、

  • 自然の多い公園
  • 牧場
  • 家でペットを飼う(できれば2種以上)

という環境でも、いいんですよ(*≧ω≦)

CUTE!
photo credit: CUTE! via photopin (license)

まとめ

こう見ると、ラピュタの城で、シータが、

土に根をおろし、風と共に生きよう。種と共に冬を越え、鳥と共に春をうたおう。

と言っていたことを、思い出しました。
 

人間も自然の一部。

自然を受け入れて、自然と共に暮らすのが、理にかなった生き方なのかもですね。

 

と、どうやら従姉妹の話は、正しかったようです。

一緒に、動物園に行って、思いっきり
エンドトキシンを吸ってきます!

 
最後に、しつこいようですが、

赤ちゃんなので、動物園の動物達に触ると、
違う病気が、移ったりすることもあるので、
赤ちゃんは、動物に触れないようにしてくださいね!

 
そして、アホの坂田ダンスをしている
人を見たら、一緒に踊ってやってください(*≧ω≦)


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

1件のトラックバック

コメントも気軽にどうぞ♫