佐賀バルーンフェスタ、何日目がいい?オススメの時間帯は?


秋に行きたいところとして、佐賀のバルーンフェスタを考えています。

佐賀のバルーンフェスタは世界的にも大きいバルーンの競技大会で、
参加するバルーンの数はなんと約100機

来場者数は80万人を超えるアジアでも最大級のイベントなんです。

スポンサーリンク

3797957703_672b76de45

公式サイトはこちら

 

開催スケジュール

2013年10月30日(水)~11月4日(月)

30日は前夜祭なので、大会だけをみると5日間を通して行われる、
大きなバルーンフェスタなんですね。

効率的に楽しむため、スケジュールを調べてみました。

 

初日:10月30日(水)
18:00~  前夜祭

前夜祭は、サガライトファンタジーと同時に始まります。
佐賀市内のあちこちでイルミネーションや、光のオブジェで
お正月過ぎまで街を彩るイベントです。

バルーンフェスタのオープニングイベントとして、
そのサガライトファンタジーの中を競技に参加する選手団が、
バルーンのバーナーの炎を上げながら派手にパレードするのだそうです。

2012年は約900人がパレードに参加したようで、かなり盛り上がった様子です。

 

10月31日(木)~11月4日(月)

7:00~9:00 バルーン競技

大会初日。

風が弱い朝と夕方に競技は行われます。

午後は風が強くなることもあるので、
午前中に比べると中止になってしまうこともあるようです。

オススメの時間帯を調べたら、朝早く6:30ぐらいには
会場に着いていたほうがいいようです。

静けさの中、ボレロの音楽に合わせて、
河川敷に寝ていたバルーンが大きく立ち上がり、
朝日の中いっせいにバルーンが飛び立つ姿は、かなり感動するらしいです。

オススメの時間帯、第一位でした!(独自調べ)

スポンサーリンク



競技ってどんなことをするの?

競技はパシフィックカップ、熱気球日本選手権、熱気球ホンダグランプリ、
SAGAバルーンマスターズカップと沢山行われるのですね。

どれがいつ、何時にあるのかは分かりませんでした(-ω-;)
これから詳細が分かるようになるのかな?

競技の基本は、「ターゲット」と呼ばれるゴールに
「マーカー」と呼ばれる袋を、時間内にどれだけ正確に落とせるかを、
競うものだそうです。

 


会場に行かなくても、かなり広範囲で見られるようです。

住宅街を低空飛行したり、たまに畑に降りたり(?)するそうで、
そんな気球を真近で見たりするのも面白そう。
(そうそう見れるもんじゃないか)

 


チェックすること

 寒いようなので、厚手の上着を持っていくなどの
防寒対策をしていった方がいいようです。

 風や霧が出るとバルーンは飛ばないようなので、
天候チェックもしなければいけないのですね。

もし飛ばなくても、会場内のステージでも期間中、いろんなイベントや催しで、
地元の美味しい食べ物が食べられるようです。

まだ日程は決まっていませんが、
会場内で行われる「ホンダトライアルバイクショー」も、
真近で一流ドライバーのテクニック(ウィリーやジャックナイフ、ハイジャンプなど)を
見れるとあって、人気が高いよう。
これも見てみたいなぁ( *´艸`)

他にも「唐津くんち」のお祭りや佐賀市でも骨董市やキャラクターショーなど、
バルーンフェスティバルに合わせて様々なイベントをやっているようです。

 駐車場もすぐに満車になるようです。
車で行くなら朝は6時前に着くようにするか、事前に駐車場の場所もチェックです。

2012年度の料金ですが、参考に。
・会場の河川敷近くの駐車場は便利ですが、ちょっとお高めな1,000円。
・周辺駐車場(学校の校庭など)は駐車無料で、
会場までは徒歩かシャトルバス(片道160~200円)。
これが一番安いですね。
・商店街の駐車場は1回最大で400円にシャトルバスが100円。

 

9:00~10:30 バルーンファンタジア

キャラクターや、変り種の面白いバルーンが飛びます。

これも天候次第で飛ばない日もあります。
自然には逆らえないので、他のイベントを楽しむっす。

天候や風など条件がそろえば、バルーンを膨らませたりするローンチエリアへ
入れることもできるようです。

バルーンを間近に見れるなんて、めったにできないし、
子供もすっごく喜んでくれそう( *´艸`)

人もすごく多そうなので、迷子になりそうですが、
小学生までは迷子バンドを配布しているそうです。

もしも、のことを考えると、安心ですよね。

子供たちが、もっと身近にバルーンと触れ合えるキッズデーは11月1日にあります。

3797955741_e8fce195b6
※この画像は外国のものです。

 

09:00~10:30 キッズデー(11月1日のみ)

子どもたちが気球について知ることができるチャンス!

触れたり、気球の中に入ったりすることもできるようで、大人でもワクワクしますよね。

予約はいらないようですが、風の具合で早く終わってしまうこともあるようなので、
早めにローンチエリアに行っていた方がいいようです。

 

14:00~14:00 気球教室
バルーンの仕組みを勉強しながら、パイロットやクルーと一緒に、
バーナーで熱風を入れて立上げて、その後の片付けまで行える
体験教室があるんですね。

どうせなら気球のことをもっと知って、もっと気球を面白く見てみたいですね。

あの気球をどうやって運んでいるのかも、ちょっと気になります。

 

15:00~17:00 バルーン競技
2回目のバルーン競技があります。

11月4日の最終日はキー・グラブ・レースが行われます。

メイン会場の柱につるされた大きな”鍵(キー)”の模型を、
“掴む(グラブ)”するレースで、他の競技と違い、
河川敷の会場の外からバルーンがキーを目指して飛んできます。

バルーンが地面スレスレまで降りてきて、結構スリリングなようです。

キーの正面から観戦するのが面白そうです。

 

18:30~19:30 ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン(11月3日、11月4日のみ)
夜の暗闇の中、河川敷一面に広がったバルーンが
バーナーの赤い炎に照らされライトアップされるのですが、
音楽に合わせて点いたり消えたりして、とっても幻想的な風景なんだそうです(-@∀@)

最後には花火もあがって、オススメらしいです。

川の反対側から見るのも、川に光が反射されて、それはそれで乙なようですよ。

オススメする時間帯の第二位でした!
(私の独自調べ)

天候不良の場合、バーナーのみで行う”バーナーバージョン“になるかもしれないようです。

 

「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」の意味とは?

「ラ」は、フランス語の「Le」で男性名詞の前に就く定冠詞のこと。
「モンゴルフィエ」は、気球を初めて作成し、飛ばしたモンゴルフィエ兄弟
「ノクチューン」は、英語の「ノクターン」と同じ意味で
夜想曲」のことだそうです。

モンゴルフィエ兄弟に捧げるイベントなのですね。

20130715-094516.jpg
※この画像は外国のものです。

んー、何日目に行っても楽しめそうで悩んじゃいます。

やっぱりワクワクして計画するのが旅行の楽しみの一つですね♪( ´▽`)

 

どうやって行く?

公式サイトでも、駐車場の場所や、高速道路や駅や空港からのアクセスについて、
詳しく説明されています。

 車で行く
近場なら車で行くのも、あちこち観光できていいですね。

駐車場も早く行かないと、すぐ埋まってしまうようです。

公式サイトでも、駐車場の場所が乗っていますが、
最近見つけたスマホアプリの「PPPark!」は、駐車場を探すほかに、
停めたい時間の料金で安いとこまで探してくれる素晴らしいアプリです。
これ、オススメです!

ホテルは、格安ホテルが見つかったりするYahoo!トラベル

 

 バスで行く
深夜バスなら、寝ることも出来るので、車で行くより、お手軽ですね。

狭い空間にずっといるので、親子ではきついかもしれませんが、
学生同士のデートではいいかもしれませんね。

夜行バスを比較するなら【バスブックマーク】

 

 新幹線で行く
新幹線が近くて便利という人なら、早くて快適な新幹線で行くという手も。

JRもバルーンさが駅が、この時期だけに作られます。

日本旅行←ホテルだけでも予約できます。

 

 飛行機で行く

格安の飛行機を探すなら、こちら。
航空大手10社の空席状況が今すぐ分かる!

他にも佐賀を周るなら沖縄・北海道など全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー
も。



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫