早寝早起きの時間って決まってるの?本当にいいのは何時?


早寝早起きをしましょう!!

ってよく聞くけど、これって何時なの??

Alarm
photo credit: Alarm via photopin (license)

子供の、生活習慣を良くするためにも、
学習能力を高めるためにも、

そして、

大人になってからの、生活習慣や、
健康のためにも、早寝早起きがいいんですよ!

 
って、聞きませんか?

 

私はというと、

子供に、早寝早起きさせないと、躾のできない母親!

というレッテルを貼られてしまうような、
謎のプレッシャーに押されてしまって、
子供を早く寝かせようと、毎日、慌てて寝かせています(・ω・`)

 
なので、早く寝なかったとき、
「早く寝なさいって、何度言わせたいの!?」
って、すごく怒っちゃうんです。(*ノД`*)

自分でも、子供達の寝顔を見て反省するし、
子供たちも、悪い夢を見てそう・・・
 

子供たち、ゴメンね(-ω-;)

 

私も、そう怒りたくはないので、実際には、
何時に寝るのが早寝で、何時に起きるのが、早起きなんだろう??

って、ふと知りたくなったんです。
 

同じように、早寝早起きって何時のことか、
気になっているあなたにも、お話ししていきますね!

スポンサーリンク

夜も主婦は忙しいんですが、子供が、
早く眠れるように、絵本を読みながら寝かしたいと思います。

ママ、それ「日本の怪談話」って書いてあるっ!
怖いっ!怖くて寝れないよっ!Σ(゚д゚lll)

 

早寝の時間って何時なの?

早寝早起きって、何かを犠牲にすることではない、と思うんですよね。
 

まず、深夜までの仕事の場合、
早寝早起きの「早寝」が、もう無理ですもの。

会社で、仕事がたっぷり残ってるのに、
「すいません、早寝しないといけないんでっ!お先に帰ります!じゃっ(*´∀`)」
なんて帰ると、社会人として無責任すぎるし、
リストラリストの、一番上にのる可能性も・・・

 

とはいえ、人間本来の生活リズム、特に、
深夜に分泌される、成長ホルモンから考えるなら、

22時までに寝つくのが、オススメです。

 

成長期の子供は、体の成長と心の安定、
そして、集中力を保つためにも、

22時から2時の睡眠時間に出てくる、
成長ホルモンを期待して、特に21時ぐらいには寝かせたいですね。

 

この成長ホルモン、子供にだけメリットがあるわけではございません!

実は、成長ホルモンには、別の呼び名があるんです!

 
その気になる別名は、なななんと!!若返りホルモン!!

 
子供にだけ早寝させてたら、もったいない!

私のような、微妙なお年頃の女性も、ぜひ
22時には寝ておきたいですね!

 

では、朝は何時に起きるのがいいんでしょう?

So good while sleeping
photo credit: So good while sleeping via photopin (license)

早起きは何時に起きること?

いつもより、早く起きたら早起き!
と言っていいかもしれませんが、そんなトンチ的な考えではなく、

一般的な感覚では、日の出頃。

 
なんたって、冬の5時と夏の5時では、明るさが全然ちがいますしね。

 

なので日の出の頃ぐらい、具体的に言うと、
だいたい6時前に起きれば、早起きと言って良さそうです。

 
私の場合、子供がいるので、夜か朝、
子供達や旦那が、寝静まっている間に、
一人だけの、特別で貴重な時間が、持てるんですが、

朝5時に起きた時の方が、頭も冴えて、
子供たちが起きるまでに、やりたいことも
一通りできるし、1日のスケジュールも考えれるので、
いい感じに、1日を過ごすことができています(*´∀`)

 

でも、実際に早寝早起きをしようと思っても、
朝が起きれないんだよ〜〜(>人<;)

ってこと、ありませんか?

 
これは、睡眠サイクルを取り入れると、
けっこう、すっきり起きれたりしますよ!

では、睡眠サイクルについて、お話ししていきますね!

スポンサーリンク


睡眠サイクルを取り入れてみよう!

目覚めを良くする方法は、いろいろありますが
一番効果が高いかな、と思うのが、
体内時計を取り入れた、睡眠を取ること!

 
睡眠サイクルといえば、寝ている間の、
深い睡眠と浅い睡眠が交互に続く、体内時計のサイクルのこと。

その、浅い睡眠の時に起きるようにしたら、
すんなり起きやすい!
という理屈です!
 

 浅い睡眠は、どんなタイミングでくるの?

 
 実に簡単!答えは、90分サイクルです。

90分とはいえ、さすがに90分では寝た感じはしないので、、、

寝てから3時間、4時間半、6時間、7時間半
9時間後
のどれかに、起きれるよう、
目覚ましをセットすると、すんなり目が覚めやすいです!

 
ただし、人によっては、この睡眠サイクルが
多少、違うこともあります。

言われた通りにしたけど、起きにくいなぁー(-ω-;)

ってときには、自分でも記録しながら、
少しずつ時間をずらして、起きやすい時間帯を調べてみるといいですよ!

時間円グラフ

まとめ

もう一回、早寝早起きは何時のことなのか、まとめてみると、

夜は22時(子供は21時)までに寝て、
朝は、遅くても6時に起きる

のが、一般的に考える早寝早起きになります!

 

やっぱり、日の出とともに起きて、
日が沈んで、しばらくしたら寝る、

というリズムが、自然の流れなのかもしれません。

 

早起きすると、楽に動けるとは言いましたが、

逆に、朝が遅いと、

朝からダラダラして、1日のスピードも遅くなる。

バタバタして、ご飯やお風呂が遅くなる。

そして、子供達も寝るのが遅くなる。

子供達が寝ないので怒る。

怒り過ぎに反省しながら、片付け。

また寝るのが遅くなる。

という、なんとも身勝手な悪循環に陥ってしまいやすいです(>人<;)

 

他にも、気持ちよく起きれるようになる、簡単な方法は、

  • 寝る前にカフェインを飲まない
  • 薄着で寝ない
  • 寝る前に、朝起きたらやりたいことを考えながら寝る
  • 朝起きたら、朝日を浴びる

なんてことが、経験上良かったかなと思います。

あまり、効き目はわからないですが、
寝る前のスマホも良くない、と言われますよね。

 

そして、寝るときには、電気を消して、
厚いカーテンを開けてから、寝ています。

朝、自然と明るくなるので、目が覚めやすいですよ!

 

どうぞ、一日を充実したものにするため、
(そして、美肌のため!)早寝早起きを、
習慣化してみてください(*≧ω≦)



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫