ひな祭り!雛人形は何歳まで飾るのがいいの?意味はある?


「雛人形って、物心ついたときには、飾ってなかったなー。

普通、何歳まで飾ったりするものなんだっけ?」

858da662c6d18eac41a5df18f2bd5967_s

 
義理の妹と、古い写真を見ていると、
雛人形の前で笑っている、小さい義理の妹の写真があったんです。

・・・え?
物心ついた頃には飾ってなかった?

 

スポンサーリンク

写真に写ってる雛人形って、
16段ぐらいもある、ちょーー立派な雛人形なんですけどっ!!!

 

あぁーーー、なんてもったいない!(>人<;)

 

義理の妹に女の子が産まれて、
雛人形を買ってもらったのですが、

いつまで雛人形を飾ってお祝いするのか、
さっぱり、分からないようなんですよね。

 
そりゃそうかも。

なんせ、雛人形を飾ったのは、
この写真を撮った一回きりなんだそう。。。

 

いやいやいや、そりゃないよ、おかみさん!

 

という訳で、
ひな祭りに雛人形を飾ってお祝いするのは、何歳までなのか!?

お義母さんのように、一回きりなのか?
私のように、、、あれ?いつまで飾ってたっけ?
(おいっ!∑(゚Д゚))

 
ってぐらい、きっと誰にとっても、
曖昧であろう、ひな祭りのお飾り。

ここら辺で、スパーンっと、決着をつけましょう!

 

ひな祭りは何歳まで祝う?

ひな祭りは、ご存知のとおり、女の子の厄を払うお祭りですよね。
( 詳しくはこちらの記事に!
  → ひな祭りの由来!幼稚園児にもめっちゃ分かりやすく!!

 
  では、厄とは何か?

 


厄は、思わぬ災難、病気、苦しみといった、
誰もが、なるべく避けたいもの。

 
そんな災厄が、かわいい娘に起こりませんように。

という願いを込めて、
雛人形さんに、厄を持って行ってもらう。

言い換えると、身代わりとか生贄的なもの、
という意味もあるかもしれません。

(うわ、ちょっとエグイ(。-人-。))

スポンサーリンク


  では、厄は何歳までくると思いますか?

 


「厄年」という視点で見てみましょう。

実は、神社や仏閣で違ったり、
全国区で共通していないのですが、
だいたい、女性の最後の厄年は61歳!

 
さ、先が長い・・・(。-∀-)

と、思うかもしれませんが、
自分の厄を、家族がかぶったり、
家族の厄を、自分がもらったり、

思わぬ病気や事故も、災害も、
いつ起こるか分からないですよね。

 
そう、災厄に終わりはないんです!

 

ひな祭りは、生きてる間は、
何歳まででも、飾っていていーーんです!

 
おばあちゃんになっても、ひな祭り??

と、思わないでくださいね。
おばあちゃんだって、れっきとした女性ですからねっ!

 

と言ってもですね、厄払いは義務じゃありません。

結論!

何歳から飾ろうが、何歳まで飾ろうが、
全く構いません!

 

まとめ

基本的に、雛人形を飾るのは、
結婚するまでは親、
結婚してからは、自分で飾るもの
です。

が、

「雛人形をいつまでも出しておくと、結婚できないわよ。」

なーんて言われるので、
結婚したら、もう飾らなくていい、
と思っている人が、かなり多いようですね。

 
結婚して、女の子が産まれたら、
子供の分を、飾ってしまいますしね。

 

結婚したら、飾るの終わり!
子供が産まれたから、子供の分を!

でいいと思います。

 

ただ、伝統として伝えたい気持ちの中に、
女性らしさの一つ、洞察力ということがあると思うんです。

 

親が私のことを想って、飾ってくれてたんだなー。

この雛人形さんも、たくさんの厄を抱えてくれたのかもな。

 
と、雛人形を通して親の気持ちを感じたり、

自分は、雛人形のおかげで、これまでラッキーだったんだ、
たとえ、悪いことがあったとしても、
雛人形がいなかったら、もっと悪かったのかもしれない。
ありがとうございます。

と、毎年、雛人形に感謝ができることは、

  • ありきたりな日常でも、悪いことがなかったことに感謝ができる
  • 親から愛されている、と愛情と自信をもらえる
  • 小さな悪いことでも、もっと悪くなくてよかったと前向きに捉えられる
  • 気づかないところで、買っていてくれたり、飾っていてくれたり、目の前以外のことに感謝ができる

という、目に見えない、
相手の気持ちや本意を、思い汲み取る力、
「洞察力」を育てる事にも、つながります。

 

自分が小さい頃には、気づかなかった、
というか、もちろん、何も考えていなかったですけどね。

でも、2月を過ぎると、
雛人形が飾ってある風景は、
当たり前ではなかったんですよね。

だって、雛人形のお手入れは、正直、面倒です。
ひな祭りの料理だって、大変です。

(ひな祭りのハマグリについては → ひな祭りのはまぐりの意味!こんな由来があったの!?

 
それなのに、忙しい母が、
わざわざ箱から出して、飾って、
そして、また日干しをして、大事にしまっていたんです。

 

義理の母は、雛人形を、
1回しか出さなかったようですが、
形にこだわらない人だからでしょう。

今でも、子供たちの健康を、
何より心配していますしね。

 
私も、娘に洞察力を持ってもらうため、
今年の雛人形には、ファーをつけたり、派手に行こうと思います。

(洞察力が育つかっ!)


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫