春のこと

端午の節句!鯉のぼりを飾る時期から意味までバッチリと!

5月5日ってなんの日か、ご存知ですよね?

そう、あのデーブ・スペクターの誕生日です!

って、デーブ・スペクターの話は置いといて、
5月5日は端午の節句、通称「こどもの日」です!

 

端午の節句は知ってると思いますが、
なんのために、鯉を空に泳がせているのか、
知ってますか?

chibongaによるPixabayからの画像

 

そもそも、なぜに鯉?
めでたい時には、鯛じゃないのか!?

そんな疑問だらけの、あなたのために、

  • なぜ鯉のぼりを上げるの?
  • 鯉のぼりの矢車の意味は?
  • 誰が鯉のぼりを買えばいいの?
  • いつからいつまで飾るの?
  • 端午の節句には、何を食べるの?

ということについて、ハッキリとさせていきましょう!

 

私が選ぶなら、鯉でも鯛ではなく、
カンパチですけどね!

ヒラメも捨てがたい。

あ、やっぱりカンパチ食べたい。
(食べたい魚を飾る日ではないっ!Σヽ(゚∀゚;))

なぜ端午の節句に鯉のぼりを飾るの?

端午の節句は、陰陽の陽が極まる日。

陽が極まると、どうなるのかというと、
陰陽の法則から言うと、陰が発生してくるんです。

 

時間はサイクルなので、陰が決して、
悪いものとは考えません。

 

ですが、魚釣りで考えると、
潮目が変わる時です。

今まで魚が釣れていたのに、
潮目が変わると、釣れなくなります。

漁師さんは、注意深く潮の流れを
見ていきますが、私たちは、
時間の潮目を「端午の節句」という日で、
簡単に知ることができるんです。

 

昔の人たちのおかげですね(*´∀`)

ということで、潮目が変わる日、
心身に溜まった邪気を祓っておく、邪気払いという意味も。

 

邪気を払うために、何かしなきゃ!

と、特に気を張る必要はありません。
要は、気持ちの問題です。

 

お正月の志を、立てなおしたり、
感謝の気持ちを新たにしたり、

ここいらで、気を引き締めなおさねば!

という気持ちがあればいいんです。

 

かといって、気持ちだけでは、
なかなか伝わらないし、伝えにくいし、
実感もありません。

そこで、形で表してみたら、
縁起を担いだ食べ物を食べたり、
遊び心を取り入れて、鯉のぼりになった、

というわけです。

 

もっと深く、詳しく書くと、
長くなってしまうので、続きは、
下の記事をご覧になってください(*´∀`)

端午の節句博士!
というあだ名がつくかもしれません!

食べ物については、こちらの記事を。
端午の節句!食べ物の意味は?あなたはどっち派?

なんで鯛でなく、鯉を選んだのかはこちらの記事を。
端午の節句に鯉のぼり!本当の意味を知ってる?

鯉のぼりを使って神様を呼ぶ方法は、こちらの記事を。
鯉のぼりについてる矢車!意味は?本当に神様が好きなものは??

鯉のぼりって、誰が買わないといけないのか、
詳しくはこちらの記事を。
端午の節句!鯉のぼりは誰が買うのが常識?

鯉のぼりを飾る、最高な日を知りたいなら、
こちらの記事を。
鯉のぼりはいつからいつまで飾るの?最高な日はいつ?[/colored_box]

 

五月病もならないように、
一緒に、気を引き締めなおしていきましょう!(*≧ω≦)

-春のこと
-

© 2021 大人の歩き方