妊婦さんが帯状疱疹になると危険!?お腹の赤ちゃんは??


帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは、
体の表面に、帯状で水泡が現れるもので、
簡単に言うと、水疱瘡(みずぼうそう)の二回目

水疱瘡になったことがあれば、
だれでも発症する可能性を持っていて、

一生のうち、6〜7人に1人の割合で発症することが分かっています。

 
特徴として、女性の方が発症しやすく、夏に増える傾向があります。

そして、特に気をつけなければいけないのは、妊婦さん!!!

 

スポンサーリンク

妊婦さんが帯状疱疹になってしまうと、
飲める薬も少ないし、おなかの赤ちゃんが心配!!

どうなるの??
どうしたらいいの??

 

今回は、

1.帯状疱疹とは?

2.妊婦さんが帯状疱疹になると重症化する?

の二本立てにしてみました。

 

1.帯状疱疹とは?

水痘・帯状疱疹ウイルス(すいとう・たいじょうほうしんウイルス)
というウイルスが原因で起こる病気。

水ぼうそうと同じウイルスなので、
抗体がない人に移ったときには、水ぼうそうとして発症します。

水ぼうそうが治っても、肝心のウイルスは、
脊髄付近にある神経節というところで、
静かにずーっと眠っているんです(( _ _ ))..zzzZZ
Sleeping Lion
Copyright © 2013 Sleeping Lion by Ronnie Macdonald, on Flickr

 
体力が落ちたりして、免疫力が落ちたときに起きるのですが、

他にも、帯状疱疹にかかっている人からの感染もあるのです。

 
水泡が破れたり、つぶれたときに、そこから感染するので、
身近に帯状疱疹にかかった人がいれば、

→同じタオルを使わない
→お風呂の水を共有しない

などに、気をつけましょう。

おなか周りにできることが多く、首や顔、頭にもできます。

Herpes_zoster_neck
Copyright © 2006 John Pozniak, with zoster blisters on his neck and shoulder

 

潜伏期間は1~3週間。

痛みやかゆみは、個人差があるようですが、
体の半分が痛くなってきて、
それから2~3日後に水疱や湿疹が現れるパターンが多いようです。

痛い人は、かなり痛いそうですよ(>_<)

 

この神経痛が後遺症になって残ることもありますが、
早く治療することで、後遺症にならずにすむので、
早めに皮膚科で受診することが肝心。

スポンサーリンク

2.妊婦さんが帯状疱疹になると重症化する?

妊婦さんが水疱瘡になっても、帯状疱疹になっても、
肺炎や肝炎などの合併症を伴ったり、
重症化することがあるので、要注意です!!

 

 妊娠20週未満でかかると・・・
1~2%の赤ちゃんに低出生体重や、
体の一部が不完全で産まれたり、
自立神経症などを発症することがあるようです。

 

 妊娠20週~分娩の21日前までにかかると・・・
生まれてきた赤ちゃんの9%が、
水ぼうそうではなく、帯状疱疹を発症します。

 

 出産前後にかかると・・・
生まれてくる赤ちゃんの、30~50%が水ぼうそうを発症するそうです。

ここで、グッと確率があがりましたね(@ ̄□ ̄@;)!!

 

 出産の6日前までにかかった場合、
赤ちゃんは、0~4日に水ぼうそうを発症しますが、
母親の抗体が移っているので、ひどくはなりません

 
 出産の5日前から出産後2日の間にかかると、
赤ちゃんは、生後5~10日に水ぼうそうを発症。

肺炎や脳炎の合併症を起こすなど、
重症化して、とても危険な状態になることがあるので、
子宮収縮剤で、出産を遅らせたりします。

 
 出産後3日以降にかかると、胎盤を通しての感染はなくなりますが、
飛まつ感染や接触感染に気をつけましょう。

同じタオルを使わない、
水泡や湿疹部分が、他と接触しないように包帯を巻く、など。

baby

 

かかってしまったら?

当たり前ですが、早めの受診が肝心。

病院は皮膚科を受診します。

妊婦さんは、塗り薬だけになることが多いようですが、
治りが遅いので、ひどくなりそうなときには内服薬も出るようです。

必ず、妊娠中と伝えましょう!

 
内服薬は、かかりつけの産婦人科で飲んでもいいか、
電話でもいいので、確認しましょう。

 

家でできることは、

  • 患部の水疱を破らないようにする
  • 患部が、あちこち接触しないようにする
  • 患部は、優しく丁寧に洗って清潔にする
  • アルコールは避ける

お風呂に浸かると、痛みはやわらぐとか。

 

妊娠前なら、水ぼうそうの予防接種が効果的です!
(この後、一ヶ月は避妊すること!!)

妊娠中なら、旦那さんが予防接種を受けておくのも予防の一つですね。

20130926-002406.jpg

 

免疫力の低下が、主な原因なので、
普段から睡眠・栄養・運動・リラックスが大事です(*´~`*)

妊婦さんだけじゃなく、妊婦さんが身近にいる人も気をつけましょう。



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫