お葬式のマナー!受付をするときって挨拶はどう返すべき?


「お葬式の受付を頼まれたんだけど、
 「ご愁傷様です」って言われたら、
 なんて返したらいいの?」

受付
 

私、お葬式で何度か受付をしたことがあります。

ガン家系なので、母も母の兄弟や親戚など、
お葬式を何度か経験しているのですが、
親戚のお葬式では、受付を頼まれたりすることも。

 
だからなのか、友人が初めて、
お葬式の受付を頼まれたそうで、
相談をもらいました。

私も、親戚のお葬式の時、
「何かお手伝いすることがあれば、何でも言ってくださいね。」
と言ったところ、初めて受付を頼まれて、
心の中では、アタフタした覚えがあります。

 

お葬式の受付では、どんな挨拶がいいのか、
これから、話していきますね。

スポンサーリンク

受付は遺族の代表になります

弔問客が、お葬式に来た時、
最初に受付しに来ますので、
遺族代表として、

わざわざお越しいただいたこと、
お香典をいただいたことへ、
お礼を伝えたいです。

 
葬儀場や家で違うこともありますが、
大きな受付の仕事としては、

  1. お香典を受け取る
  2. 芳名帳に名前と住所を書いてもらう
  3. 香典返しを渡す

というもの。

 
詳しい説明は、葬儀場からあるはずなので、
細かいところは抜きにしましょう。

弔問客のパターンとしては、

  • 挨拶をしてから、お香典を渡す人
  • 挨拶抜きに、お香典を渡す人

と2パターンに分かれます。

 
それぞれ、挨拶が変わってくるので、
分けて紹介していきます。

スポンサーリンク


挨拶をしてからお香典を渡す人には

弔問客の方から、
「この度はご愁傷様でした。」
「ご冥福をお祈りします。」

などの挨拶をされてから、
その後、丁寧にお香典を渡す方がいらっしゃいます。
 

挨拶の返しとしては、丁寧な順から、

  • 「本日はお忙しい中、お越しいただきまして、ありがとうございます(恐れ入ります)。」
  • 「ご丁寧に、ありがとうございます(恐れ入ります)。」
  • 「恐れ入ります。」
  • 「お足元の悪い中、お越しいただきまして、ありがとうございます。」(天気が悪い場合のみ)

といったお返事でいいでしょう。

黙って頭を下げるだけでも、
失礼にはなりません。

 
弔問客が多くなってくると、
後ろに人が並んできますので、
「恐れ入ります」
の一言でも十分です。

 

その後、袱紗(ふくさ)からお香典を取り出し、
「御霊前に、お供えください。」
といった挨拶と共に、お香典をいただいた時には、

  • 「ご丁寧に、ありがとうございます。」
  • 「ありがとうございます。」
  • 「恐れ入ります。」
  • 「お預かりします。」

といった返事で大丈夫です。

ちなみに、お香典は、
両手で受け取りましょう。

 

その後、芳名帳に名前を書くときの一言は、
後述しますね。

次に、挨拶なしでお香典を渡す人に対しての、
挨拶は?というと。

 

挨拶なしにお香典を渡す人には

基本的には、上記に挙げた挨拶で大丈夫です。

でも、サッとお香典だけ渡して、
挨拶する間もない人もいますので、
頭を下げるだけでもいいですし、

「恐れ入ります。」
「お預かりします。」

と受け取りましょう。

そして、芳名帳に名前を書いていただきます。

 

 

芳名帳に名前を書いてもらう

お香典は、お通夜でいただいてる方もいますが
芳名帳には、基本的に参列した方には全員、書いてもらいます。

(葬儀場から指示があれば、そちらに従ってください)

 
誰が葬儀に来てくれたのか、
喪主は一人一人、把握しきれません。

なので、来てくれた方には、
書いていただいて、後からお礼を伝えたり、
その後のお付き合いに使ったりするものなのです。

 

慣れている人は、何を言われなくても、
自分で書く人もいますが、

「恐れ入りますが、こちらに、
 ご住所とお名前を、ご記入ください。」

と伝えて、ペンを渡せると親切です。

 

たまに注意したいことが、
連名で香典を受け取った時。

会社や友人など、連名の場合、
葬儀場から説明があると思いますが、
特に説明がない場合、全員分書いてもらいましょう。

 
喪主が、お葬式のお礼を一人にしか、
伝えなかった、というトラブルを防ぐため。

 
夫婦の時には、旦那さんの隣に、
苗字なしの奥様の名前だけで、大丈夫です。

 

また、連名の人数が多く、
後ろに人が並んでしまっている時には、
場所をずらしてもらったり、別なテーブルなど
少し、場所を変えてもらいましょう。

名前を書く方も、焦りますし、
後ろに並んでいる方も、待たされて、
イライラしてしまうこともあるので、
スムーズに記帳が済ませられるようにするのも、受付の仕事です。

 

とは言っても、

大きな声や無駄話をしないよう、
慎み深い気持ちで、受付なされば、
特に、気にすることもないでしょう。

どうぞ、スムーズに受付ができるよう、
頑張ってください。



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫