香水をつける場所!一番のおすすめはココで間違いなし!!


香水は人生をドラマティックに変えてくれる、魔法の水なのです。

 
とは、美輪明宏さんの言葉。

perfume-144546_640

若い頃は、香水を使ったりしていたのに、
子供が生まれてからは、とんと、ご無沙汰でした。

 
私も、
「気品のある、素敵な大人の女性」

と、言われてもおかしくない年頃です。

 
正直、言われたいです!!

どうぞ、私に言ってください!!

(気品の要素がどこにっ!∑(゚Д゚))

 

そんな訳で、美輪さんのエレガントさを
爪のアカからでも見習いと思いましたが、
爪のアカなんて、美輪さんにあるわけがない!!!

あっても、どんな爪のアカなのか知るわけない!!

 
とりあえず、美輪さんの本を参考に、
十年ちょっとぶりに、香水を買いました(*´∀`)

 
うーん、若い頃には苦手だった、
濃厚な匂いも、この年齢になれば、
なんだか、素敵な匂いに感じるものですね。

 
でも、濃厚な匂いって、一歩間違えると、
私がすごく苦手だった、
「香水くさいおばちゃん」になる恐れが!!Σ(゚д゚lll)

私が望んでるのは、あくまで、
香りをまとった、エレガントな大人の女性なのです!!
 

そこで、香水をつける場所について、
調べてみると、体質や人によって違うんだー
ということを知ったんです。

 
香水をつける一番のおすすめの場所を、
体質別に、これからご紹介していきます!!

どうぞ、エレガントな気分でお読みください(*´∀`)

スポンサーリンク

香水をつける場所!

まず、最初に言っておきたいのですが、
手首や、うなじは避けたほうが無難です。

 
あっさりした匂いの香水なら、まだしも、
普通の香りの香水の場合、

  • 香り過ぎ
  • 食事の邪魔
  • アルコールが日光に当たってシミになる

デメリットになる方が、圧倒的に大きいです。

シミになるのは、匂いに関係なく、ですが。

 

「じゃあ、香水をプッシュした下をくぐるのは?」

って思うかもしれませんが、これも

  • 服がシミになりやすい
  • 顔など露出しているところも、シミになりやすい
  • 髪が傷みやすい

と、デメリットが大きいので、避けたほうが無難。

 

香水をつける、おすすめの場所ですが、
大きく、上半身下半身に分けて考えます。

でも、香水によっても違うし、
体質によっても違うんです。

なので、それぞれ詳しく話していきますね。

スポンサーリンク


香水から考えるおすすめの場所

まず、あっさりした、

  • ユニセックスな匂い
  • 柑橘系の比較的残りにくい匂い
  • ほんのり香る、石鹸の匂い
  • 香りの軽いコロン

といったクセのない香水の場合、
匂いすぎになりやすい、上半身に使えます。

 
日の当らないウエスト胸元、
長袖を着る時期なら、肘の内側もいいですね。

個人的には、匂いを感じやすい、
胸元がおすすめ(*´∀`)

 
ブラジャーにつけるのもいいですが、
シミになるかもしれないので、ご注意を。

 

逆に濃厚な、

  • フラワー系の匂い
  • バニラのようなグルマン系の甘い匂い
  • オリエンタル系の匂い
  • 香りが重厚で長持ちするオードパルファム

など、少しクセのある香水の場合、
匂いすぎにならないよう、下半身がおすすめ。

匂いは下から上へ香るので、
ふんわりと優しく、まさに、
香りをまとっている感じになります。

 
具体的な場所としては、お腹腰、
太ももの内側、膝の裏
がいいですね。

 
熱が高いところは甘く香りやすいですが、
夏は汗をかくので、膝の裏などは、
汗で流れて香りも混じるので、避けたほうがいいかも。

 

もちろん、あっさり系の香水も、
下半身に使えます!

そして、オードトワレのものは、
香り次第ですね。
 

いろいろとつける場所を冒険してみると、
そのうち、しっくりくる場所を見つけられるかもしれません。

 

私が買ったのは、シャネルのno5で、
甘く香りやすい、太ももの内側も好きですが、
甘さが控えめで香りが持続しやすい、お腹が好きです(*≧ω≦)

 

さて、次は体質別に、
どんな人が香りやすくて、
逆に、どんな人が香りにくいのか、
見ていきましょう!!

ちなみに、私が読んだ美輪さんの本は、こちらです。
美輪明宏のおしゃれ大図鑑

読むと、女度アップのモチベーションが、
「これでもか!!」
と言わんばかりに上がります!

気品のある女性を目指したいなら、めちゃくちゃおすすめです!!

 

体質別にどんな人がどこがおすすめ?

体質別に分ける?
というと、分かりにくいかもしれませんが、
簡単に言うと、体温の違いになります。

 

  体温低めの人

体温が低いと言われるのは、
平熱が、36度前後から35度台の人。

 
そんな体温低めの人が香水をつけると、
香水は控えめに香ります。

が、控えめのまま持続します。

 

持続すると言っても、乾燥肌の場合、
香水が長持ちしません。

 

たまに、香水をつけているのに、
全然つけた気がしない。

という人もいますが、
そういう人は、体温が低くて乾燥肌だったりします。

 
対策としては、

  • 保湿してから香水をつける
  • 香水の量を少し多めにする
  • 濃厚で長持ちな香水(オードパルファム)にする
  • 上半身と下半身に香水をつける

という方法があります。

ただ、乾燥肌ではなかったら、
コロンやトワレでも、好きなものを。

 

  体温高めの人

逆に、体温が高めと言われる、
平均体温が、36度後半から37度台の人は、
よく香るけど、匂いは長持ちしない傾向にあります。

 

さわやか系の香りでも、シッカリと、
香りやすいです。
 

逆に、濃厚な香りだと、
甘く香り過ぎやすくなります。

つけるなら、下半身に少しがおすすめですね。

 

そして、できるだけ長持ちさせたいなら、

  • 下着やスカートのすそ裏につける
  • パルファンをつける
  • 出かける直前に香水をつける

といった対策ができます。
 

洋服に付けると、シミになる恐れもあります
スカートの裾だと、動いた時やすれ違いざまに
ふんわりと香らせることができます。

perfume-1011432_640

まとめ

最後に、まとめてみましょう。

香水別でのおすすめは、

さわやか系・・・上半身、下半身
こってり系・・・下半身

 
体質別でのおすすめは、

体温低め・・・上半身
体温高め・・・下半身

 
ということで、
どの香水でも、誰にでも、
上品に香る場所は、下半身です!

 
年齢が上がってくると、
濃厚な匂いが合ってきたりするのは、
いいのか悪いのか、体温が低めになって、
肌も乾燥してくるからなんですね(・∀・i)

 

具体的につける場所は、
腰か、お腹のどちらかに1~2プッシュ。

もしくは、
両太もも内側に1~2プッシュ。

が、一番のおすすめです。

 

あと、西川史子さんが、
男性をその気にさせる香水のつけ方、
があると紹介してくれていましたが、

上半身に控えめな香水、
下半身に濃厚な香水をつける

というもの。

 
ちょっと難しそうですが、
他の人と被ってしまっている香水でも、
二種類を使い合わせると、オリジナルな香りになりそうですね。

 

香りから品を漂わせられる女性を目指して、
今日もエレガントに頑張りましょう!



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫