冬のこと 幼稚園のこと

冬至とはなに?子どもたちにも簡単に分かりやすく!

「冬至ってなに?何かやる日?」

 
娘が、小学校の先生から、
「冬至について、家で調べてくるように」
と言われたらしいです。

 

んーっと、たしか。。。
お風呂に浸かる日?

それは湯治だっけ??

 

んー、以前も曖昧な答えを教えて、
「学校では、みんなもっと知ってたよ!!」
って怒られたこともあったし、ちゃんと調べてみねば!

 
冬至を簡単に!
でも、詳しく知りたい!!

ってワガママなことを言う、
あなたの娘さんのためにも、シェアしちゃいますね。

(あんたの娘やっ!Σヽ(゚∀゚;))

冬至ってなんの日?

冬至は、だいたい12月21日か22日。

その年によって、日は前後しますが、
一年のうちで、一番、太陽が出ている時間の短い日です。

 

640px-earth-lighting-winter-solstice_en
CC 表示-継承 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=113521

日本が冬至になる日の地球のイラストですが、
日本が、この図で分かりますかね?

上部右の黄色いキリンのようなところですよ。

 
地球は、ななめに回っているので、
太陽の当たる時間が、短くなります。

一年のうちで、一番太陽から遠くなる日なんです。
 

ちなみに、太陽に一番近くなる日は、夏至ですね。

 

イラストを回したいのですが、
そんな技術がないので、イラストを見ながら、
一生懸命、頭の中で回してください!

 

冬至は、「冬に至る」と書きますが、
昔ながらの陰陽思想でいえば、一番、
陰の気が強い日です。

陰陽のシーソーがあるとするなら、
一番、陰に偏っている日といえますね。

 

陰陽思想では、なにごとも、
陰と陽の間の中間がいい、とされます。

 
この陰にかたよった日は、
一番悪い日とも言えますが、

逆に、この日さえ超えたら、
春の明るい兆しが見えてくる、
と、縁起のいい日とも言えるんです。

 
この冬至の日を、無事に越すため、
昔の人は、ある工夫をしてきました。

[ad#ad-1]

冬至にすることといえば?

陰が強い冬至に、どうやって、
陽との中間を目指せばいいのでしょう?
 

答えは簡単で、
陽の気が入ったものを、日常生活に取り入れることです。

 

一般的に、2つの方法があるので、
順に説明していきますね。

 

[icon image="point2-1-r"] 食べ物から取り入れる

まず、陽の気を持つ食べ物をとり入れること。

 
伝統的に「ん」がつく食べ物がいい、とか、
「と」がつく食べ物がいいと、言われていますが、
共通しているのは、「かぼちゃ」。

 
おい!!「ん」も「と」も付いてないやんけ!∑(゚Д゚)

 
なんて言うのは、ちょっと待った!

かぼちゃは、別名「南瓜 なんきん」、
「唐茄子 とうなす」
とも言うんです。

 

また、かぼちゃは陰陽の中間で、
やや陽よりの食べ物。

つまり、体を優しく中間に持ってこれるもの。

 
さらに、陽の気を持ち、縁起もいいとされる、
小豆を使った「小豆かぼちゃ・いとこ煮」は、
病気や美容にもめっちゃいい、と言われています。

マクロビの本を何冊も読みましたが、
どの本でも、小豆かぼちゃ最高じゃん!!
って感じでした。

(実際に書いてませんが、そういう印象でした(・∀・))

もちろん、私も毎年作るようにしています。

animal-1560209_640

[icon image="point2-2-r"] 柚子湯

冬至湯として、柚子風呂に入ります。

 
これは、柚子の香りと、湯水を使った、
邪気払いです。

 
これまで溜まった、陰の気を払って、
陽の気が入りやすくなるようにしているんですね。

 

血行を良くして、風邪をひきにくくする、
という実用的な意味もありますが、

  • ゆず「融通」
  • 冬至「湯治」

という語呂合わせの意味もあります。

 
私の湯治湯も間違ってなかったですね!!(*≧ω≦)

 

あ!でも、気をつけてくださいね。

以前、家にサワーポメロがあって、
サワーポメロ湯にしてみたんですが、

めっちゃ肌がヒリヒリしてきて、
お風呂から上がっても、ずっと痛いし、
とんでもなかったです!
 

色々試すのは危険です!!

1830863_b5695d367d_z
photo credit: tamaki Yuzu-yu via photopin (license)

まとめ

冬至は、一年のうち、太陽の当たる時間が、
一番短くなる日
です。

一番くらい日でもあるし、
この日を越したら、明るくなっていく日
でもあります。

 
昔の人は、冬至以降も寒い日は続きますが、
この日まで耐えれば、次第に明るくなる未来が
待っていることを、よく知っていたんですね。

 

人生も同じ繰り返しです。

苦しいことは、絶対に続きません。

 
苦しい時には、小豆かぼちゃを食べたり、
太陽を浴びたり、明るい服を着たりして、
今が一番苦しいなら、あとは明るくなるだけだ!

と、むやみに恐れることはない、
と教えてくれているような気もします。

 
というか、娘にも、そう教えていきたいなと思いました(*´∀`)

-冬のこと, 幼稚園のこと

© 2021 大人の歩き方