お葬式の費用どうする?兄弟で分けるもの?


お葬式が初めてだと、費用はどうするのか、
全く分からないですよね。

私もずいぶん前ですが、喪主をしました。

叔母が色々と教えてくれたので、
言われる通りにやったので、あまり考えずにすみました。

ですが、しばらく前に、主人方の母の、
おばあちゃんが亡くなり、兄弟間で喧嘩が勃発(>人<;)

 
葬儀費用は誰が出すのか、
いただいたお香典は誰が管理するのか、

んー、あんまりお葬式の後から、
喧嘩なんて見たくありません。。。

 

再度、勉強のためにも、
お葬式の費用は誰が出すのか?
ってことについて、お話しして行きますね。

スポンサーリンク

喪主が全部管理するもの?

お葬式をするときには、必ず喪主がいますよね。

亡くなられた方の一族を代表して、
挨拶したり、葬儀社との連絡をしたりする方になります。

 

実は、喪主とは別に施主がいるときもあります。

お布施をする人、つまり金銭関係を
取りまとめる人
です。

 

だいたい、喪主と施主は兼務でやりますね。

 

私の時もそうでした。

おばさんが手伝ってくれた。
というか、アドバイスをもらいながら、
私がやっていました。

今考えると、おばさんが知っていたので、
とても助かったんですね。

 

ただ、お葬式の規模が大きくて、
お香典もたくさん集まった場合や、
逆にマイナスになってしまった場合、
一人で管理するのは大変なときもありますよね。

そういった時は、どうしたらいいでしょう。

スポンサーリンク


お金の管理は兄弟で分ける?

できれば、後から払えない金額だったとか、
お香典が集まって、手元に結構残った、
など、金銭的なトラブルを避けるため、
葬祭場を決めるときに、先に見積もりを取ることがオススメ。

価格ドットコムでは、葬儀の比較が簡単にできます。
http://kakaku.com/sougi/

 

私の母は死亡保険金が出たので、
それでお葬式代はまかなうことができました。

お香典返しは、お香典から出したので、
少し手元にお金が残りました。

 
小さなお仏壇が、うちにはあったので、
お仏壇を買う必要はありませんでしたが、

四十九日までは、毎週お坊さんが来たり、
四十九日には親戚を呼んでお弁当を頼んだり、
初盆や一周忌、お仏壇の花代など、
お金が残っていて、だいぶ助かりました。

 

私の場合、兄もいるのですが、
色々とあり、お葬式には出なかったので、
私と叔母でトラブルなく、進めることができました。

 

基本的に、喪主になる方、もしくは、
お仏壇やお墓の管理をする方が、
しっかりと管理することが一番です。

 
お葬式に来てくれた人が亡くなったら、
また同じ額を包んで渡さないといけませんし、

先ほども言いましたが、
後々、四十九日や一周忌の法要など、
親戚を呼んでお弁当を頼んだり、
お坊さんのお布施や花代など、色々とお金は必要です。

 

兄弟の関係者からお香典をいただいていたら、
お香典返しに半額分を渡したら大丈夫です。

 

もし、管理できない

となれば、兄弟間で新しく口座を開設して、
みんなで管理できるといいかもしれません。

 

逆に、お葬式ですでに赤字の場合には、
喪主一人に負担させるのではなく、
兄弟で負担できればいいですね。

ちなみに、そういう時には兄弟が施主になります。
 

できれば赤字にならないよう、
先に見積もりを取るか、決まった葬儀社と
予算を考えて話を進めるのがいいですが。

 

まとめ

お金にとらわれるトラブルって、
お金に翻弄されるみたいで、本当に嫌です。

お金はこちらが使うものだと思ってるので。

 
ともかく、私が亡くなる時にも、
トラブルを起こして欲しくないので、
自分のお葬式代ぐらいは、保険金でなんとかしたいですね。

私が死んでから、子供たちが葬式代のことで
喧嘩をするなんて、あんまり考えたくないですもんね(・∀・i)


スポンサーリンク


↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫