厄払いの時期って節分まで?過ぎたらどうしたらいい?


厄年だから、節分までに厄払いしなくちゃ。

 
ってもう過ぎてるやんけー!!∑(゚Д゚)

ってこと、ないですか?

この時期、インフルエンザに自分がなったり、
子供がなったりで、なかなか体調管理の難しい時期ですよね(・∀・i)

 
と言っても私の主人は、今年は後厄。
と思っていたら、実は後厄も終わった年だったんですが。

 

厄年って、そう頻繁にあるもんじゃないので、
つい、忘れてしまいますよね。

 
厄年の時期や、厄払いをする時期、
過ぎてしまった時には、どうしたらいいの??

もう私の厄は、一生取れないの?

というあなたのために、心を込めて、
調べさせていただきましたよ!

 

厄を過ぎてしまったら、
そのまま厄過ぎだけに、屋久杉に、、、

なるわけありませんねっ!

スポンサーリンク

厄年の時期はいつ?

厄年は、お正月が来たら1歳年を足す、
数え歳で、

男性・・・25歳、42歳、61歳
女性・・・19歳、33歳、37歳、61歳

が厄年(本厄)です。

前後の年も、前厄と後厄と呼ばれて、
実質、厄年は3年ずつですね。

ちょっと長いですね(-ω-;)

 

実際に、厄年で大病をしたり、
事故を起こしたりってことは聞きますが、
たまたまかもしれません。

でも、お祓いして少しでも大病が小病に、
大事故が小事故になればいいですよね。

 

では、1年のうち、いつまでにお祓いしたら
いいんでしょう。

スポンサーリンク


厄払いをする時期はいつ?過ぎてしまったら?

厄払いは節分まで。

と言われたりしますが、正直なところ、
いつでも構いません。

 
明治前は今の暦ではなくて、太陰太陽暦でした。

難しい話は置いといて、立春がお正月。
で、立春の前日の節分が大晦日、というわけ。

 

つまり、「厄祓いは節分まで。」
というのは、厄を祓ってから、
新しい年をお迎えしたい。

という気持ちのあらわれです。

 

というか、節分の豆まきが、
1年の罪穢れを祓う行事です。

どうせなら、一緒に厄を祓って一年を迎えよう!
となったのかもしれませんね。

 

じゃあ、正月でもいいじゃないか。

となるかもしれませんが、正月でもいいです。

 
一般的には、正月から節分の間
済ますのがいいとは言われますね。

 

というわけで、節分後でも気にせず、
厄祓いできます!

一応、厄祓いする予定の神社に、

  • 厄祓いしてもらえるか?
  • 料金はいくらになるのか?

確認されるといいですね。

行ってから、お金が足りなかった!
ってならないように(*≧ω≦)



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫