意外と怖い春一番とは?気象庁の定義によると?


「春一番が吹きました。」

この言葉を聞くと、春が来たなー、
って思うんですが、

春一番って、ただの強い風だっけ?

 
いやいや、天気予報で言ってるから、
そんなわけないか!

ちゃんとした定義がないと、
天気予報で言っちゃダメよね?

 

じゃ調べてみないと!

気象庁の定義では、春一番って何なの?
ってことを調べてみたので、
これから、詳しく話していきますね!!

 

意外と危ないので、

「季節の風物詩ねー♪」

なんて、のんびりしている場合じゃないかもしれません!

スポンサーリンク

春一番の定義とは?

気象庁では、春一番のことを、

冬から春への移行期に、初めて吹く暖かい南よりの強い風。

気象庁では立春から春分までの間に、広い範囲(地方予報区くらい)で初めて吹く、暖かく(やや)強い南よりの風としている。

と定義しています。

 

「やや強い風」にも定義があります。

やや強い風
風速が10m/s以上15m/s未満の風。

強い風
風速が15m/s以上20m/s未満の風。

 

まとめてしまえば、

立春から春分までの間に吹く、
風速10m以上の速さの、南よりの温かい風。

となりますね。

ちなみに、風速は地域によって
差があるようです。

また、20m以上の速さの風になると、
「非常に強い風」と呼ばれます。

 
んー、文字だけじゃ強さが分かりにくい(-ω-;)

 
大丈夫です!
動画を探して来てみました。

物干し竿にかけたお布団と洗濯物で、
風の強さが、めっちゃ分かりやすいです(・∀・)

 
動画では、風速5mから始まり、
1分10秒ぐらいから風速10m、
2分50秒ぐらいから風速15mになります。

とてもじゃないけど、お布団なんて
干してる場合じゃありません(・∀・i)

 

春一番って、なんでこの時期に吹くんでしょう?

 

なぜ春一番が吹くの?

低気圧が日本海を北に動くと、
逆に南から暖かな風が入って来ます。

とても強く。

 

そのあとは、低気圧が南に下りて来て、
また寒さがぶり返すんですけどね(・∀・i)

 

でも、自然のことなので、
春一番がないこともあります。

春二番、春三番が吹くこともあります。

 

そんなに強い春一番、被害はないの?

春一番の被害はある?

春一番の被害は、もちろんあるんです!

何しろ、長崎県の壱岐で漁船が転覆、
53人が亡くなってしまう。

という事件から、春一番が有名になったほどですから。

 

他にも、

  • 竜巻が起こって、営団地下鉄東西線
    (現・現在の東京メトロ東西線)の脱線
  • 海難事故
  • 物が飛んで来てケガをする
  • 転倒
  • 雪崩

ということが起こってます。

特に、子供だと立ってられないぐらいの
強い風が吹いたりするので、気をつけたいですよね。

 

春一番を有名にした、長崎の壱岐では、
「春一番・風のフェスタ」というお祭りが行われているようです。

なんと、小さな船を漕ぐ競争もあるそうで、、、

 
結局のところ、人間って強いですね。

とはいえ、くれぐれも春一番には気をつけてください(*´∀`)



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫