人を動かす三原則とは?世界的ベストセラーの感想!


人を動かす方法があれば知りたくないですか?

 
私、子供が言うことを聞かない時期に、
本当に知りたかったのですが、

最近読んだ本で、すっごくいい本があったんです!

 
その本には、目から鱗じゃなくて、
目から魚が出てくるぐらい、シンプルで
簡単な人を動かす方法が書いてあったんです。

 
その名も、デールカーネギー氏の著書「人を動かす方法」。

人を動かす 文庫版

まさにタイトルそのまんまです!

 
でも、人を動かすだけじゃありません。

人から好かれる方法や人を説得する方法、
人を変える方法などが書かれているんです。

 
子供だけじゃなくて、主人にも使えるし、
友人や会社など、人を相手にする時には、
結構使えるので、めっちゃおすすめです!

発売後70年以上経っているのに、
今でも売れ続けていることもすごいんですが、
世界中で1500万部以上も売れてる、
世界的なベストセラー本とは、この本のことですね。

 

私の本はマーカーを引いたり、
ペンで追記をしたりして、あまり
人には見せられないほどに・・・

もっと早くに知っておけば、
どんなに人間関係が楽だったろうか。

 
さて、そんな「人を動かす」の本。

基本的な、人を動かす三原則について、
感想をより詳しく話していきますね!

スポンサーリンク

1.認める

「宿題、早くしなさい!」

私は何度この言葉にイラっとしたことでしょう。
いえ、宿題に取り掛かるのが遅い私が悪いのは分かってるんです。。。

でも!

今やろうと思ってたのにー。
もう全くやる気がなくなったよ(>人<;)

 
なんてドラえもんの野比家のような、この日常。
ひかないでくださいね(・∀・i)

でも、心辺りがありませんか?

 

母は「早くしなさい」と言っただけで、
私も宿題に取り掛かっていないだけ。

「そうだね」
と一言で済む話です。
 

でも、私が悪いのは分かっているけど、
なかなか行動に移せない私を、
できるだけ正当化したい私。

そして、つい反発したくなる私。そんな私。

 

でもこれって私だけの話じゃなくて、
人って責められると、反発したくなる生き物なんだそうです。

なので、

人を責めたくなることがあったとしても、
自分が一旦落ち着くために、
そして、相手からの反発を避けるために、
相手の意見を認めることが大事なんですね。

 
カーネギーさんは
「盗人にも五分の理を認める」

相手が悪人だとしても、半分の
言い分を認めることを勧めているんです。

 

心にすっと入ってきた、リンカーンの言葉が
「悪意を捨てて愛をとれ」
でした。

まずは人を裁かないことが、
人を動かす原則の1つ目です。

スポンサーリンク


2.自己重要感を持たせる

私もそうなんですが、
「どう思われてるのかな?」
なんて、周りの評価が気になったりしませんか?

 

誰かにプレゼントをあげたりした時にすごく喜ばれると、
「あぁ、あげて良かったなー」
なんて思いますよね。

逆に、無表情で受け取られると、
「え?いらないものをあげちゃったかな?」
なんて、繊細な私は心が揺らいでしまいます。

 
でもコレってちょっとおかしいですよね。

 
サプライズプレゼントは、私があげたいから贈るのです。

相手に喜んでほしいと思って選んでいますが、
喜ぶかどうかは、相手が決めることです。

 
私はプレゼントできる相手がいること、
ただ相手のことを想う気持ちを、
ありがたく受け取って、

相手の気持ちを組めなかったことに、
学べればいいと思うんですよね。

 
じゃないと、ただ喜びを押し付けてるだけですよね(・∀・i)

とはいえ、

自分がどう思われているか、
どれだけ大切にされているか、
気になってしまいますよね。

コレって自己重要感が欲しいから起こることなんです。

 

褒められたら嬉しいし、
大切に想われたら嬉しいし、
頼りにされたら嬉しいですよね。

 
人付き合いで、大事なのは、
ちゃんと想われていること。

ちゃんと想われていれば、
その人のために力を貸したくなります。

 
ただし、口先だけで褒めたり、
頼りにすると、後から信用を失ってしまいます(>人<;)

まずは、その人のいいところを、
しっかり見てあげること
からですね。

 

3.相手の立場で考える

理想の恋人ってどんな人が思い浮かびますか?

 
実際、過去に好きになった人や恋人、
現在の恋人は、理想どおりの人でしょうか。

そのまんまの人なら、もうここはスルーしちゃってください(・∀・)

 

理想どおりの人じゃないなら、
なぜ、その人を好きになったんだと思いますか?
 

だいたい直感で好きと思って、
理由は後付けしていくことが多いはずです。

要は、人の心は理屈じゃないってことです。

 

だからこそ、相手を動かしたいと思ったら、

どうすれば相手が動きたくなるんだろう?

って考えることです。
 

私には「早く宿題をしなさい!」よりも、
「早く宿題を済ませて、あのドラマを一緒に見ようよ!」
の方が効果はあったんです。

 

自分の言い分だけを一方的に話しても、
相手は動きません。

相手の立場に立って考えてみること。

 
結構、言うよりも難しいんですよね。
日頃から相手のことを観察する力が大事だなと思わされています。

 

まとめ

人を動かす方法をまとめてみると、

  1. 認める
  2. 自己重要感を持たせる
  3. 相手の立場で考える

と言う3点に絞られます。

 
感想をざっくりとまとめると、
相手が喜びながら自発的に動くには、
相手のことをしっかり考えることが大事なんだな、ってことがわかりました。

 

と言う私も、子供に宿題のことを、
とやかく言っちゃいます。。。

 
あんまり怒ってはいないと思うんですけど、

子供が早く宿題を済ませられるよう
宿題が終わったら、どんな素敵な時間が
待っているのか、ちょっと考えてみよ(*´∀`)



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫