お彼岸の時にお仏壇にお供えする花は何がいい?オススメは?


「お彼岸の時って、お仏壇にどんな花をお供えしてる?」

最近、義理のお母様が亡くなった友人から、
母を数年前に亡くしている私に相談がありました。

 

相談されてから気づいたのですが、、、

あれ?

お供えの花には何がいいのか、
私も深く考えずに今まで花を飾ってきました(・∀・i)

 

いやー、もう母が亡くなって、
えーっと、20年ぐらい経ってしまっていますが、、

今更ながら、お彼岸の時には、
どんな花をお仏壇にお供えしたらいいのか?

今一度、しっかり調べてみようと思います!!

 
お母さん、今頃になってごめんね!!

ちょっと抜けた娘は、今も元気です!!

スポンサーリンク

お彼岸にお供えする花は何がいいの?

お彼岸にはこちらの声が届きやすくなる、
ということもあって、お墓参りをしたりしますが、
(関連記事:秋のお彼岸!お墓参りにはいつ行けばいい?
お仏壇も綺麗にしておきたい時でもあります。

(常日頃から綺麗にしておけばいいんですけどねー。。。お母さん、すいません)

 

こう言っちゃあ何ですが、お寺の住職さんが言うには、

「亡くなられた方に手を合わすのではなく、
 私たちが生かされている事に、
 ありがたく感謝するために手を合わすのです。

 仏教は、生きている人のためのものです。」

と言う事らしいんですよね。
つまり、亡くなった人のためじゃなく、
自分たちのために、手を合わすと。

で、花も亡くなった人のためじゃありません。

 
花は種から芽を出して、ぐんぐん伸びて、
寒さや暑さに耐えて、やっと花を咲かせます。

でも、誰かに見せたいから咲くわけではありません。

花にしてみれば、我慢して耐えていたら花が開いていた。
と言う感じなのでしょう。

 
仏教では、その花の生き様を人生に例えて、
お仏壇にも花を飾るんだそうです。

今はきつくても、頑張っていれば、
気がついたら、いつか花が開いているよ。
と。

 
ちなみに、仏教の考えでは、
この世に生きていることは「苦」でしかない、
と言う考えが根底にあります。

ブッダのいた時代のインドは、
生きていくのが、大変苦しい時代だった、
と言う背景があって、仏教は生まれたから、
仕方ないところではあるんですけどね。

 

と言うことで、基本的には、
どんな花でも構わないんです。

生きてる人のためなので、
飾りたい花を飾っていいんです。
 

ただ、

  • トゲがある花
  • 匂いがきつい花
  • ツル系の花

と言った、人が触ったときや近くに来た時に、
ウッと思われる花は、避けてた方がいいと言われています。

 
逆に言うなら、

もう仏様が亡くなって数年経っているとか、
お仏壇にくるお客様がいなければ、
何だって大丈夫!

 
亡くなって間もないとか、
親戚が集まってくる家など、
お仏壇に手を合わせにくるお客様がいるなら、
次に紹介するような花がオススメです!

あ、お客様の立場になって、
お花を持っていく場合も同じです。

スポンサーリンク


お仏壇にオススメの花は?

お仏壇にオススメの花は何と言っても、
でしょう!

長持ちするし、花言葉は、

  • 高貴
  • 高潔
  • 高尚

の3高。

 
身近すぎて、そんなに高貴なイメージだとは(・∀・i)

まぁ日本でも、天皇の紋章として、
菊が使われていますよね。

 

そして、色は白メインでまとめるのがいいですね。

他の花を合わせるなら百合、
カーネーションなど、白を中心とした花束で。

 
花屋さんに聞いたら、何の花がいいか、
アドバイスをもらえるはずです。

もしくは、仏花で探してみるといいですよ。

まとめ

母の好きだったバラを飾れないなー、
と残念に思いながら、最初の数年は白系の花を飾っていました。

でも、法事のとき住職さんに聞いたら、
「気にすることはないですよー」
っておっしゃってくれたので、
それからは、そこまで気にせず飾るようになりました。

 
と言っても、バラは高いし、
枯れやすいので、やっぱり日持ちのする菊メインになってますけどね(・∀・i)

(コストメインかいっΣヽ(゚∀゚;))



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫