古着を寄付したい!ユニセフへはどうやって!?


運気が上がらないのは、古い物がもつエネルギーが邪魔をしている。

巷でもっぱらの噂ですが、
私も断捨離ブームに乗った1人です。

最近は長く着れるものを、と思って、
シンプルな服を買うようにはなりましたが、、

少し高価な服や、当時お気に入りだった服で
まだ着れそうな状態のものは
なかなか捨てるに捨てられません。

最近は娘がもらってくれたりしますが
娘も要らないといったものは
少し罪悪感を抱えながら、捨ててしまっています。

 

友人とこの話をしたときに
ユニセフに寄付したらどうだろう?

という話になったんですよね。

やっぱり、捨てるのはもったいない!
と友人も思っていたそうです。

 
ユニセフへの寄付の方法を
詳しく話していきますね。

スポンサーリンク

ユニセフについて

ユニセフは有名ですよね。

どういう機関か答えられるでしょうか?

 
数十年前の学校で習ったような記憶はありますが、、、
いまいち分かりません。

まず、寄付先となるユニセフのことを
知らないといけないですよね。

 

ユニセフ(UNICEF国連児童基金)

最も厳しい状況にある国の子ども達と
最も援助を必要としている国の子ども達を対象に
子供たちの権利を守るための
支援活動をしている国連機関です。

 
ちょっと小難しいようですが、
ワクチンや上下水道を整えるなど
子供たちが健康に育つための活動や
教育の活動といったことをやっています。

紛争とか起こっている国や
貧しい国に産まれたってだけで
子供には罪はないわけですからね。

ありがたいことです。

スポンサーリンク


古着の寄付の仕方

「ユニセフに寄付」で調べると、日本では日本ユニセフ協会が窓口になっていて
公式HPによると、古着などの物資は直接受付していないとの事でした。

理由についての回答は

保管や輸送に関わるコストの問題、現地の人が本当に必要とする物を届けるのが難しい

<公益財団法人 日本ユニセフ協会https://www.unicef.or.jp/>

と言う答えでした。

 

ユニセフ協会と国連ユニセフの違いですが
ちょっとややこしくなるので、後述しますね。

とはいえ、まだ方法はあるんです!

 

古着をユニセフに寄付する方法

古着の寄付は直接受付されていませんが、
どうしてもユニセフに寄付したい場合の方法は、
自分で古着をお金に変え募金する事です。

着られなくなった衣類や不要になった日用品は
リサイクルショップなどで買取りしてもらって
現金に変える事で、募金という形で
ユニセフへ寄付してください

と公式HPにありました。

 
仕分けの手間とかを考えても
現金の方が助かりそうですよね。

 

国連ユニセフとユニセフ協会の違い

協力協定を結んでいますが、
二つの組織には集めた募金の使い方に多少違いがあります。

国連ユニセフでは集めた募金は全て、
支援物資や支援活動に使われていますが、ユニセフ協会は違います。

日本ユニセフ協会の場合、集めた募金の約20%
国内においての広報や募金活動の資金に使われています。

 
資金がないと活動が出来ないのもわかります。。。

が!
立派な広告やパンフレットなど
そんなに必要かなーという気もします。

結局のところ、どう考えるかは寄付をする本人次第という事になるのでしょう。

 
自分がした募金がきちんと使われる様子って
目に見えてわかるものではありません。

寄付をすると言う事について考えると
難しいなぁと思ってしまいました。
 

まとめ

ユニセフでは古着等の物資は
直接受付していないと言う事がわかりました。

日本は自然災害が多くて、
被災地の様子をニュースで目にする事が多いですよね。

支援物資が置かれた場所に、たまに、
どう見ても捨てるレベルの衣類があったりして
なんとも言えない気持ちになります。

 
古着を売ったお金をユニセフに募金したいけど、
やっぱり全部子供たちの支援に使ってもらいたい。

という事なら、ユニセフ協会ではなく、
国連ユニセフの方がおすすめです。

 
日本で国連ユニセフ親善大使
黒柳徹子さん、ただ一人です。

黒柳さんの公式HPトットちゃんUNICEF(http://tottochan.jp/unicef/)から募金できるようですね。

こちらの口座からの募金は100%、
国連ユニセフ本部へ送られているよう。

黒柳さんのまっすぐな生き方も好きなので
私も古着を売ったら、トットちゃんUNICEFに
募金しようと思います。



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫