初盆に呼ばれた!香典袋はいくら包む?表書きは?


祖母の初盆があるのですが、初盆を行う方法などは
ネットで検索すれば、ジャンジャン出てくるのですが、
呼ばれる側としてのマナーなど、少なかったので書いてみます。

スポンサーリンク

こういった法事は、宗教や地域によって差がすごくあるんですよね。

その地域に住んでいる、身内や親戚の人がいれば、
聞いてみるのが、いいかなと思うんですが、

聞けないことも、あったりしますよね(・ω・`)

 
ここでは、全国で当たり障りのない、
初盆の香典について、書いていきます。

20130730-074839.jpg

 

初盆に招かれた!

初盆に行くのは、初めてではないんですが、
主人側の初盆に行くのは、初なので、
嫁として、恥ずかしくないようにしたいんです。

服装香典袋、そして手土産のことについて、
順に話していきますね。
 

 洋服は、何を着て行ったらいい?

 その地域に住んでいる、身内や両親に尋ねてみるのが、
一番ですが、一般的には喪服か、黒メインの服装です。

暑いので、
男性は、半袖シャツや半袖ポロシャツに、黒いズボン、
女性は、喪服、または、黒のワンピースなどでも大丈夫です。
 

「楽な格好でいいよ」
と言われて、気をつけることは、次の2点。

  • シャツは襟つき
  • ジーパンはNG

若い人なら、チェックのシャツに、チノパンでも。

主人は、中年の域ですが、親族の中では若者なので、
チェックのシャツに、チノパンでした(・∀・i)

私は、無難な黒のワンピース。

 

 香典袋の表書きは?

 これも宗教によって違うこともあるので、
どの宗教なのか、聞いてみるのが一番。

分からない時には、一般的な仏法と、
神道は、次のように書いても、問題ありません。

 

一般的な仏法
「御仏前」、「御佛前」、「御香典」、「御供物料」など。

香典袋は、蓮の花が描かれたものや無地のものに、
白黒の水引きか双銀の水引きで、結び切りのもの。

水引きの下に、薄い墨ペンなどでフルネームを書きます。

 

神式
「御玉串料」、「御榊料」、「御霊前」

香典袋は、無地白黒の水引きか双銀の水引き。

 

 お金の入れ方は?

 紙幣の表側(人が載っている方)が袋の表側に、
金額の数字の方が、上になるようにします。

葬式や通夜のように準備ができなかった、という訳ではないので、
もらった相手が気持ちが良いように、新札がおすすめです。

香典袋は、ふくさで包み、シワや汚れから守りましょう。

 

 いくら包む?

 地域差や、身内の金銭感覚でも違ってきますが、
一般的に、親族なら5,000円からが多いようです。

上は100,000円もありますが、
一人で行くのと、家族で行くのも違いますし、
遠い親戚の初盆と、身内の初盆でも違います。

なので、
似たような立場の親族や親戚など、
周りに合わせるのが、無難です。

あそこは少なかっただの、なんだの言うおばさんたちは、
どこにでもいますしね。

 

 品物を持って行くとしたら、どんな物がいい?

 必ず持って行かないといけないものでは、ありませんが、
生前お世話になっていたり、お礼を持って行きたいときや、
手土産を持って行かないと、気まずいときもありますよね。

そんなときには、

  • 仏花
  • 故人の好きだったもの
  • 果物、ビールなど

  • 日持ちするもの
  • ゼリーやそうめん、佃煮など

が、おすすめ。

のしの表書きは、「御供」、「御供物」。

 

 挨拶はどんな?

 あまり気構えなくて良いですが、

「このたびは初盆にお招きいただき、ありがとうございます。」

「本日は、お招きいただきまして恐れ入ります。
ご一緒に、ご供養させていただきます」

など。

 

 持って行くもの
香典袋、供え物(持っていく場合)、ふくさ、
数珠、ハンカチ、ティッシュ。

 



↓タメになったらシェアをお願いします。メッチャ喜びます(*´∀`)

コメントも気軽にどうぞ♫