妊婦さんが帯状疱疹になると危険!?お腹の赤ちゃんは??

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは、
体の表面に、帯状で水泡が現れるもので、
簡単に言うと、水疱瘡(みずぼうそう)の二回目

水疱瘡になったことがあれば、
だれでも発症する可能性を持っていて、

一生のうち、6〜7人に1人の割合で発症することが分かっています。

 
特徴として、女性の方が発症しやすく、夏に増える傾向があります。

そして、特に気をつけなければいけないのは、妊婦さん!!!

 

「妊婦さんが帯状疱疹になると危険!?お腹の赤ちゃんは??」の続きを読む…