夏のこと 生物・自然のこと

台風 ハリケーン サイクロン トルネード!違いはこんなこと!?

日本では、台風だけど、
外国では、ハリケーンと言ったり、サイクロンと言ったり、
はたまた、トルネードって言ってみたり、、、

この違いって、何だろう??

key-west-81664_640
 

なんて、疑問に思っているところですか?

 

私も、なんとなく気になって、
いろいろと、調べてみたんです。

 
すると、
「トロピカルストーム」なんて、
南国のフルーツが、たくさんのった、おしゃれスイーツか!
と思うような名前も、出てきたんです(*≧ω≦)

 

なかなか、面白かったので、
すっごく分かりやすく、解説しながら、
シェアしていきますね(*´∀`)

それぞれの違いは?

それぞれ、ネーミングは違いますが、
台風と同じような、暴風の熱帯低気圧の渦のことなんです。

大きな違いは、発生する場所が違う、ということ。

 

分かりやすいように、世界地図に、
熱帯低気圧の、渦が発生する海流を、
色を分けて、書いてみました。

(いたずら書きじゃないわよっ!)

earth

 
この絵を参考に、進めていきますね。

 

[icon image="finger1-r"]①台風(タイフーン)
日本にいれば、ごぞんじ、
強い、暴風雨の渦ですね。

日本の周りの、赤い矢印の海流で起こる渦のこと。
 

語源は、諸説あるようですが、
古い中国語の、大風(タイフン)が元のようです。
 

気象庁の定義では、
[deco_bg image="paper1" width="400"]【位置】
東経180度より西の北西太平洋、南シナ海

【風速】
最大風速 約17m/s以上[/deco_bg]

 
[colored_box color="light‐red" corner="r"][icon image="point-b-r"]言い伝え

ちなみに、
「台風天国」とか「台風銀座」と呼ばれるほど、
台風でにぎわう、沖縄や南九州では、

[deco_bg image="paper1" width="400"]

  • かにが、陸地に巣を作ると台風
  • 海蛇が、水面に多く浮遊しているときは台風の前触れ
  • 蜂が、低いところに巣を作れば台風
  • モグラが騒ぐと、台風

[/deco_bg]

といった、言い伝えもあるんですよ![/colored_box]

 

[icon image="finger1-r"]②ハリケーン
これは、大西洋など、緑の海流で起こった渦のことを呼びます。
 

語源は、
スペイン語の、「とぐろを巻く」という意味の、
ウラカーン(huracan)からきているようです。

これが、カリブ海沿岸では、
「暴風の神様」を指す言葉でもあったようです。

日本の風神様といったところなんでしょうね。
 

気象庁の定義
[deco_bg image="paper1" width="400"]【位置】
西経180度より東の北東太平洋

【風速】
最大風速 約33m/s以上[/deco_bg]

 

[colored_box color="light‐red" corner="r"][icon image="point-b-r"]言い伝え

ある国の、東の海では、
「恋は、いつでも!ハリケーン!!!」
なんて、急に恋に落ちてしまう、と言うことわざや、

目をハートにして、クルクル回る、
ラブハリケーンなんて技(?)もあります。
 

さらに、別の国では、スカイラブハリケーンなんて、
超むずかしい、サッカーの技もあるんです。

動画を撮って、試した人がいるんですが、
うーん、、、、
かなり難しそうです(・ω・`)

良かったら、あなたも試してみては??

[/colored_box]

 

[icon image="finger1-r"]③サイクロン
こちらは、青の海流で起こる渦で、
インド洋や太平洋南部で起こりますが、

一般的な低気圧の総称として、使われたりすることも。
 

ギリシア語で「回る」「旋回」という意味の、
kyklon(イギリスのcycle)が、語源と言われています。
 

気象庁の定義
[deco_bg image="paper1" width="400"]【位置】
北インド洋

【風速】
最大風速 約17m/s以上[/deco_bg]

 
[colored_box color="light‐red" corner="r"][icon image="point-b-r"]言い伝え

オーストラリア西岸では、
竜巻とまではいかない、つむじ風のことを、
サイクロンと分けて、ウイリーウイリーと言います。

ちなみに、バイクの前輪をあげて走るのを、
ウイリーと言いますが、
これはホイール(車輪)が語源で、まったくの別物です(*´∀`)[/colored_box]

 

[icon image="finger1-r"]トルネード

これは、いわゆる竜巻のことで、
海流には関係なく起こるので、地図には書いていません。

積乱雲から、地面に伸びた、強い上昇気流で、
「俺はもっと、上を目指してるんだぜ!」
的な、他の熱帯低気圧とは、ちょっと一線を画しています。

 
さらに、細かく5つの種類に分けられていて、
1個じゃなく、複数できる場合もあるんです!

ちょっと、怖いですね(-ω-;)

種類は、こちらをご覧ください。

多重渦竜巻
multiple vortex tornado
複数の渦がまとまって、動いたりするもの。
衛星竜巻
satellite tornado
大きな竜巻の周りにできる竜巻。
勢力は弱いことが多い。
水上竜巻 waterspout
海上竜巻、シースパウト
seaspout
海上にできる竜巻
陸上竜巻、ランドスパウト
landspout
陸上でできる竜巻
空中竜巻
funnel aloft
地上まで降りてない竜巻

 
気象庁の定義
[deco_bg image="paper1" width="400"]【位置】
北アメリカ大陸の、中南部でよく見られますが、
日本各地でも見られます。

【風速】
最大風速 毎秒100m以上
[/deco_bg]

 
[colored_box color="light‐red" corner="r"][icon image="point-b-r"]一口メモ

「オズの魔法使い」では、
主人公のドロシーが、家ごと竜巻に巻き込まれて、
オズの世界に、飛んで行ってしまいますよね。

 
実際には、オズの世界へ飛ぶことはなく、
いろいろなものとぶつかって、バラバラになる可能性の方が高いようです(>人<;)

でも、過去には、車ごと飛ばされたけど、
ゆっくり降下して、助かったと言う人もいるようなので、
そのまま、落ち着いて、希望を持ちましょう!

(飛ばされてる前提!?っΣ(゚∀゚;))
 

他には、

鉛筆まわしも、トルネードと、言うんだそうです。

私も学生時代には、相当頑張りましたが、
達人の域まではいきませんでした。残念[/colored_box]

 
あ!そうそう、

渦が、違う海域に行ってしまったら、
タイフーンから、サイクロンと、
名前も変わっちゃうんですよ!

統一したら、良さそうだけど・・・

 

そして、渦の強さでも、分類分けがあって、
「トロピカル・ストーム」とか、
おいしそうな名前が付けられているんです。

次は、強さでの分類を見ていきますね(*´∀`)

スポンサーリンク

熱帯低気圧の強さを分類してみよう!

低気圧の強さは、
世界気象機関(WMO)が決めた分類があるんです。

海流の地域で、名前は変わるんですが、
日本周辺の名前は、こちらをご覧ください。

国際分類最大風速(m/s)階級気象庁の階級
Low Pressure Area低圧部
Tropical Depression
トロピカル・デプレッション
~17.12熱帯低気圧
Tropical Storm
トロピカル・ストーム
17.2~24.43台風
Severe Tropical Storm
シビア・トロピカル・ストーム
24.5~32.64台風
Typhoon
タイフーン
32.7~435強い台風
Typhoon
タイフーン
44~535非常に強い台風
Typhoon
タイフーン
54~5猛烈に強い台風

うーん、やっぱりスイーツっぽい。

 

いかがでしたか?

 
子供にも、詳しく説明できちゃうし、
自由研究にも、使えちゃいそうです!

これで、またちょびっと、私も賢くなった気がします。
 

最後に、

突然、竜巻が発生したら、
どうなるか試してみないで、
すぐに、逃げてくださいね(*≧ω≦)

-夏のこと, 生物・自然のこと
-

© 2021 大人の歩き方