春のこと

4月1日生まれ!早生まれの学年になる理由を超分かりやすく!

なんで4月1日産まれが、早生まれになるの??

なんて、不思議じゃないですか?

Sleepy bear
photo credit: TheGiantVermin via photopin cc
実は、私の娘も4月1日生まれなので、
最初は、すごくモヤモヤしました。

しかも、産まれたのは、夜の9時だったので、
学年がどちらになるのか、本当に微妙だったんです(・∀・i)

 

なんで4月1日までが、上の学年なの?

なんで3月で分けないの?

学年を変えられるって、本当なの?

って、すっごく不思議でした。

 

と言うことで、4月1日生まれの学年が、
早生まれになることについて、
子供でも分かるように、教えていきますね!
おっと!
4月1日生まれは、デメリットだけじゃないですよ!

 

どうぞ、肩ひじ張って、つま先立ちで、
全身に力を入れながら、ご覧ください。

え?なんの意味もないですけど(・∀・)

法律ではどうなってるの?

日本の法律(学校教育法)では、
「満6歳」をポイントに、学年を考えているんです。

保護者は、子の満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満12歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。

(学校教育法 第17条第1項)

 

「最初の学年の初め」から「学年の終わり」
ってありますが、これは4月1日~3月31日のこと。

ん??4月1日???

おかしくない!?
いやいや、ちょっと待ってくださいね。

ここでポイントになるのが、「満6歳に達した日」なんです!

 

「満」をもっと詳しく!

1歳おめでとう!

と言われるのは、誕生日ですが、
満1歳と言うと、丸1年、
つまり、誕生日の前日になるんです。

「満」をつけると、誕生日当日は、
満1歳と1日ということになります。

ちなみに、「満」は時間に関係なく、
24時 で歳を取ります。

ということで、4月1日に産まれた場合、
「満6歳」になるのは、3月31日、
となるんです!

 

ここまで、大丈夫ですか?

おさらいしますが、学校に通わせるのは、
学年の初め(4月1日)に、満6歳になったら、
でしたよね?

なので、4月に入学できるのは、
満6歳になった4月1日までに産まれた子ってことなんです。
お分かり頂けましたか?

Up Close and Personal
photo credit: sektordua via photopin cc

ちょっと話が変わりますが、

「4月1日産まれって、かわいそう(・ω・`)」
って、よく言われるんですよね。

私は、気にしたことがないし、
へっ?そうですか??
って感じなんです。

 

が、周りから、特に親戚のおばさん達には、
挨拶代わりにさんざん言われました。

体格も小さいし、勉強もついていけるか、
心配でしょうね!そうでしょうね!

でも、3月産まれだって同じですから!!!
さらに、その後についてくる言葉が、

「なんで4月2日産まれにしてもらわなかったの?」
「学年、変えてもらったら?」

なんです。

 

4月1日産まれは学年が選べるの?

昔は、けっこう変えられたみたいですが、
今はほぼ無理です。

 

ただ、助産師さんが取り上げたり、
0時前だったりすると、

「どうしますか?」

と、聞かれることがあるようです。

 

これって、子供の人生を大きく変える選択ですよね。

私が娘を産んだのは、夜の9時でしたが、
何も聞かれなかったですし、
まぁ、深夜に産まれても私は変えなかったと思います。

理由もあるので、メリットと、
デメリットをあげていきますね。

 4月1日産まれのデメリット

  • 他の子に比べて、体格が小さい
  • 他の子に比べて、勉強が遅くなりそう
  • 還付金が出なかった

 

他の子に比べると、体格や勉強が不利なので、
ここが、「かわいそう」と言われるところです。

確かに、娘が産まれたころ、同級生の子は、
歩いてましたからね(・∀・i)

 

でも、他の子が全員4月や5月産まれってことは、
ないわけです。

2月や3月産まれの子と比べると、たいして差はないので、
全然、気にしていないんです。

 

が、なにかの還付金で、

「3月31日までに産まれた子が対象で、小学生未満」

だったことがあるんです。

なんの還付金かは、忘れてしまいましたが、
4月1日産まれだけ外れるてんですけどーーーΣ(゚д゚lll)

これを私は「エイプリルフールの呪い」
と名付けてます!

 

4月1日産まれのメリット

  • 勉強ができなくて当然と思える
  • 運動もできなくて当然と思える
  • 早く学校に行って、早く卒業できる
  • 友達の中で、一番若い
  • 誕生日を覚えてもらいやすい

 

元気に友達と仲良くやってくれたらいいかな、
と、プレッシャーもなく、のんびり育てられます(*´∀`)

 

小学生になってみて感じたのは、
体格や勉強は、早生まれに関係ありません。

年下の子でも大きい子はたくさんいるし、
勉強も運動も、4月後半に産まれた子が、
必ず1番というワケでもありません。

なので、結局は本人のやる気次第です。

 

娘の場合、勉強はイマイチなんですが、
運動は並の上ぐらい。

産まれた月で不利だというなら、上出来です!
思うんですが、周りが勝手に「かわいそう」
と言うのは、価値観の押し付けであって、
周りが判断することじゃない、と。

だって、十分愛情は注いでいるし、
本人も元気だし、こんなことぐらいで、
くじけるような弱い子には育てないし!

 

なにが、かわいそうなのか全く分からない。

かわいそうって言うんだったら、
孤児院や世界の貧しい子供たちに寄付しなよ!

 

なーんて、思ってしまうんですよね(・∀・)

とにかく、娘が
「今の学年の友達も、家族も、みーんな大好き!」
って言っているのを聞くと、
それだけで、満足ってことです!(*≧ω≦)

-春のこと

© 2021 大人の歩き方