冬のこと

クリスマスプレゼントを贈る意味!実は黒い思惑があった?

クリスマスって、なんでプレゼントを買わされるんだろう??

s_cohdranknxmas2012pic3

なぜか、クリスマスになれば、
プレゼントが当たり前、という感じになってますが、

家計を預かる主婦としては、
この風習、如何なものか?

と、毎年思っているんですよね。

 

しかもですよ?

 
1月には、親戚の子供たちに配るお年玉、
義理のお父さんと、妹の誕生日が来て、
さらに、私の誕生日もあるんですが、、、

給料前にて、カッツカツのカッツカツ!!

 

えぇーっと、、、

私の誕生日、すごく貧相なんですけど!?

 
子供たち、誕生日でもなんでもないし、
違う宗教のお祝いプレゼントって、いらなくないですかーー!?

(実は自分が欲しいだけかいっ!Σヽ(゚∀゚;))

 

ということで、

人の誕生日を差し置いてまで、
クリスマスプレゼントを贈る意味ってなんなんだろう?

ということについて、納得できるまで調べました!

 

でも、納得できたのかどうかは、
後半、お楽しみに!

 
あ、この人かわいそう。何かあげたい。

と思ったら、あたたかいコメントか、
近くのコンビニで、募金をどうぞ(*´∀`)

クリスマスプレゼントの意味って?

クリスマスプレゼントの起源は、
かなり古いところまで遡ります。

その前に、一旦、よく知られている話をしていきますね。

 

奇跡の人が起こした奇跡

西暦300年前後の昔、ローマ帝国での話になります。

ちなみに、日本は弥生〜古墳時代の頃。
 

「ミラのニコラオス」という司教がいて、
弱いものを助け、「聖人」と呼ばれるほど、とにかく人望が厚い人だったんです。

 
ニコラウスさんと、クリスマスプレゼントの
エピソードとなる、お話は次のようなもの。

 
[colored_box color="light‐red" corner="r"]とある1軒の、貧しい靴屋さん。

3人娘がいて、お金のために、
泣く泣く、娘を売りに出さないといけなくなりました。

それを知った、ニコラウスさん。
「どうにか助けてあげたい!!」
 

そこで、誰からとバレないように、
こっそり屋根に登って、煙突の上から、
金貨を袋に入れて、投げ込みました。

それが、暖炉に干していた靴下に、
たまたま入り、娘を売る必要がなくなりました。

 
次の娘の時も、末の娘の時も、
同じように助けてくれて、おかげで、
一家は幸せに過ごせたそうです。

Personalized Stockings from Personal Creations with a snowman, Santa, a penguin and a dog in a basket with pine cuttings, ornaments and a small wrapped gift with a green bow
photo credit: Personalized Stockings from Personal Creations with a snowman, Santa, a penguin and a dog in a basket with pine cuttings, ornaments and a small wrapped gift with a green bow via photopin (license)
[/colored_box]
 

というお話です。

ステキですね。

 
この話が元で、
クリスマスには、靴下にプレゼントを入れる。
ということになったんです。

 

実は、この話には、続きもあって、

 
店主がお礼を言いたくて、追いかけたら、
その人は、ニコラウスさんで、
「このことは内緒に。」
と言われたようです。

 
見返りを全く求めない、ニコラウスさん。
素晴らしいですよね。

 
それに比べて、店主、、、

結局、お金がなくなって貧乏してるし、
ニコラウスさんのことも、誰かに喋っちゃってる。。。(-ω-;)

 

で、ニコラウスさんの名前も、
[colored_box color="light‐red" corner="r"]聖ニコラウス → セントニコラウス → (オランダで)シンタクラース → (アメリカに渡って)サンタクロース[/colored_box]
と、おなじみ、サンタさんの元になってるんですよ(*´∀`)

 

なるほど!
私も1日だけ、ニコラウスさんになれる日ってことですよね(*´∀`)

陰ながら、弱い人を助けてあげる、素晴らしい人に!!イエーイ!

(年中なれよってツッコミは、なしで。)

 

でも、ここで疑問が。

 
ニコラウスさんの誕生日、もしくは、
亡くなった日、諸説ありますが、
シンタクラース祭があるのは、12月5日なんです。

 
・・・

 
ご存知かもしれませんが、12月25日は、
キリストの誕生日でも、ありません。

「キリストの降誕を記念する日」です。

 

ということで、謎に包まれた、
クリスマスと25日について迫っていきます!

スポンサーリンク

12月25日は何の日?

では、12月25日は何の日だったのでしょう?
 

実は、この日、ニムロドの誕生日なんです。

 

え?突然、誰?

って感じですよね。
 

ニムロドは、西暦前2000年前後の人物で、
バベルの塔を築いた、神に初めて反抗した人です。

 
ニムロドにも、
ここは人間の国!神の思い通りにさせるもんか!

という、正義があったのかもしれません。
が、神の立場から見ると、悪の立場。

 
まぁ実際に、人が人を支配する、
という支配階級の始まりのようですし、
けっこう、極悪非道な人だったようで、
悪魔と言われている人物です。

 

また、ニムロドの死後、母親が、
「ニムロドは太陽神だ!」
と言い張ったことで、世界の宗教に出てくる、
太陽神のルーツになった人とも。

 

そんなニムロドの死は、であらわされます。
ブッシュドノエルとか、そうですね。

そして、もみの木は、ニムロドの復活。
プレゼントは、復活のお祝いを。

 

さらに、「Christmas、Xmas(クリスマス)」の語源は、

  • Christのmass(キリストのミサ(礼拝))
  • Xはニムロドで、ニムロドの復活を祝う

という2つの説もあるんです。

 

[icon image="q3-r"]なんで、キリスト教が、
そんな人をお祝いするの?

 

[icon image="a3-r"]諸説ありますが、
 

冬至を境に、太陽が照る時間が長くなる。

ということで、太陽を信仰していた、
ミトラ教の、太陽復活の祝い。

(このお祝いのルーツも、ニムロドにあります。)

 

違う宗派のお祝いを取り込むことで、
ヨーロッパに、キリスト教を広げていく目的があったため。

と考えるのが、妥当かなと思います。

 
ん?ダビンチコードの読みすぎ・・・?

 

ちなみに、ヨーロッパのサンタさん、
一人ではなく、連れを引き連れてきます。

天使だったりすることもあるようですが、
クランパスという悪魔を連れてくることもあります。

 
[colored_box color="light‐gray" corner="r"]↓白い服を着てるのが、サンタさん。
隣にいるのが、クランパス。

赤い服のサンタさんは、コカコーラのイメージ戦略。[/colored_box]

krampuslauf 2014
photo credit: krampuslauf 2014 via photopin (license)

これこそ、なんで!?

って感じですが、いい子には、
サンタさんからプレゼントがもらえます。

が、悪い子は、クランパスが
地獄に連れて行ってしまう
んだそうです(>人<;)

 
言うことを聞かない子供に、
お仕置きするのは、日本のなまはげと同じですが、、、

飴とムチをうまく使ってますね。

 

私も、ムチをチラッと見せつつ、
聖ニコラウスさんを見習って、
自分のことよりも、周りを喜ばせる、
あたたかいクリスマスを迎えたいと思います(*´∀`)

-冬のこと
-, ,

© 2021 大人の歩き方