生活のこと

話し上手になる方法!

私って人見知りなので、
もっと話が上手にできるようになりたい!!

このところ、初対面の人と話す機会もあり、
幼稚園ではPTA役員をやっていたりするので
いろんな人と、楽しく会話をしたいのです。

でも、初対面の人を前にすると緊張したり、
何を話していいのか、話す内容に困ったり、
話が途切れがちになったり、いまいち盛り上がらない。。。
 

もっと楽しく人付き合いをしたい!
もっと楽しく会話をしたい!
もっと気軽に話しかけたい!
もっと話しかけてもらいたい!

そして、誰かの役に立つような人間になりたい!

そのためには、コミュニケーション能力を
レベルアップしたい!!

 
ってことで、話し上手になる方法を、
今までいろいろ調べたりした結果!

わりと効果的だった方法をご紹介しますね!!(*´∀`)

 

私も改善してきたので、
あなたも、きっと効果があるはず!
 

ど、ど、どうぞ、
ごゆっくりと、お、お、お読みください。

(めっちゃ緊張してる!Σヽ(゚∀゚;))

話し上手になる方法の前に

まず、話し上手になるコツの前に、
ちょっと注意点を2つほど、お話しさせてくださいね。

 

[icon image="point2-1-r"] 無理に話そう!と思わないこと!
 

何か話さなきゃ。

と思うと、妙にそわそわして、
落ち着かなくなります。

すると、相手にもそわそわが伝わって、
相手も落ち着きません(・∀・i)

 

それに、話ができない自分、
というのは、過去からのただの思い込みです。

話をしないといけない、でもできない、
というネガティブな思い込みが、
さらに強くなってしまいます。

 
元も子もないですよね(・∀・i)

相手の方は、あなたからの会話を
望んでいるかどうかは、わからない
ですし。

 

二人きりで会話がないと気まずい、
と思いそうなら、暇を潰せるものがあるといいですよ。

私は、よく本を持ち歩いているので、
気まずい空気になりそうな時には、
本を読んだりして、

「別に会話がなくても、私は平気ですけど?」
的な雰囲気を出すようにしています。

 
自分に対しても、そう思わせるようにしてるんですけどね(*´∀`)

[ad#ad-1]

[icon image="point2-2-r"] NO!無表情!

やっぱり表情が堅いと、
相手も話しかけづらいし、
話をしていても、相手の方から、

「楽しいのかな?」
「なんか怒ってるかな?」

と、会話が盛り上がらなかったり、
何を考えているのか、わかりづらい、
と思われてしまいます(>人<;)

 
そうなると、気づかないうちに、
相手の方はストレスを抱えてしまいます。

そのストレスが溜まってくると、
なんだか話してても疲れるな、
ちゃんと聞いてくれてんのかな、
と相手の方も無口になってしまうことも。。。

 

変に笑顔を作る必要はないですが、
話していて相手にリアクションがある方が、
楽しいですし、好感度は上がります。

普段から表情豊かに話すようにしたり、
緊張しないよう、力を抜く練習をするといいですよ。

 

私も以前は、リアクションが薄かったようで、
相手が最初は楽しそうに話をしてたのに、
いつの間にか、相手がつまらなそうにして、
話をしていたことも・・・(>人<;)

 
聞いてほしい話があっても、
相手が話をあんまり聞いてくれてない、
興味がなさそう

と思うと、あんまり話をしていても、
楽しくないですよね。

 
私はたまに、腕をぶらぶらする、
スワイショウをしたりして、
力を抜く状態を体に覚えさせるようにしてます(*´∀`)

そんな感じで、何かリラックススイッチ
となるようなものを作っておくといいですよ。

話し上手になる方法

別に無理して話さなくていいなら、
何を話したらいいんだろう?

と思わなくて大丈夫です(・∀・)
 

相手に話してもらいましょう!

 

え?でもどうすれば??

 

こんな時に使えるのが「質問」です。

今、「質問」の本も増えてきているので、
質問の価値が高まっていますが、
ほんとうに質問って使えます!

 

私のように、あがり症で、
芸人のように面白い話ができない、

ウサインボルトのように、
早く走れるような特技もない、

バイリンガルのように、
ペラペラに英語も喋れない、

 
それでも、会話を楽しみたい!
コミュニケーションをとりたい!!

って時こそ、質問です!

 

「そのバッグ、ステキですね。
 どこで買ったんですか?」

など、相手の身近な質問がオススメです!

さらに、相手が喜びそうなことを
プラスしてあげましょう。

相手も気分良く
「〇〇で買ったんですよー。
 高かったんですけど、一目ぼれでー」

と返ってきたらしめたもの。

 
「そうなんですねー。
 何かのご褒美とかですか?」

など、また質問で話を広げて行っちゃいましょう。

 

なかには、ずずいっと人の心の中に、
土足で上がり込んできたな!!

と思われる方もいるので、うまく
塩梅を見るのが大事です!

 

[colored_box color="light‐red" corner="r"][icon image="point-b-r"]
コツは、
私も興味があるので教えて欲しい、
というスタンスで聞くこと。

そして、もちろんですが、
デリケートな内容は避けること。[/colored_box]

 
例えば、あまり知らない人から突然
「住所はどこですか?」
なんて聞かれると、引きませんか?

 
何かのサービスを受けるなら別ですが、

え?家の場所知ってどうするつもりなの??
何か買わされるの??

って普通は引くと思うんです。

 
お互いの信頼関係がまだないときには、
表面に表れにくい、目に見えないことは、
あまり聞かない方が、変なストレスを与えません。

 

ちなみに私の最近読んだ本で、
オススメはこちらです。

[amazonjs asin="B01KTJ9SPE" locale="JP" title="「質問」で会話を盛り上げる方法"]

この著書の渡瀬さんも、同じように
あがり症で話下手だったようですが、
営業成績がトップになったこともある方です。

共感できるところが多々あり、
とても読みやすい文章で、親近感と勇気が湧きます(*´∀`)

 

まとめ

まずは、自分が喋りやすそうな人や、
自分のことを話したがってる人を見つけて、
練習していくのがオススメ。

 
そして、本を持っていたら、
「どんな本を読んでいるんですか?」
「本がお好きなんですか?」

など、目に見えやすいところから、
質問に入っていくといいですよ!

 

私も色々本を読んだりしましたが、

自分がどう思われてるかな?

と自分の方にベクトルが向いていて、
そんなに他人にベクトルが向いていなかったと思います。

 
でも、実際のところ、他の人も、
そんなに私に興味なんてないんですよね(^_^;)

そう気付いてからは、初対面の人に対して、
余計な緊張はなくなってきました。

 

相手の人は今なにをしてあげたら喜ぶかな?

と相手の方にベクトルを合わせられると、
いい雰囲気が作れるようになってきたように思います。

 

私ももっとコミュニケーション能力を
レベルアップしたいので、これからも、
一緒に頑張りましょうね(*´∀`)

-生活のこと
-

© 2021 大人の歩き方